広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日、パークホテル東京にて開催しました
トークショーにご参加くださいました皆様、有り難うございました。

毎度、てんやわんやの中で準備をするので、
内容のこと、集客のこと、
当日までドキドキしていますが(すみません!)、
多くの方にご参加いただいて、
お帰りの際の満足気なお顔を拝見すると、
ああ、頑張ってよかったと思います。

毎回、パークホテル東京の皆さん、
司会の内田氏のお力添えには感謝しておりますが、
今回はいつも以上に盛りだくさんの内容にご協力いただき、
さらにゲストの上田銀器工芸・社長、上田さまに
私たち自身もサプライズとなる企画をご用意いただき、
大変、あたたかで、ユニークな会に
なったのではないかと思います。

この場をお借りして、お礼申し上げます。

サプライズとは、純銀で指輪を制作する体験!!
当初、社長の実演を予定していたのですが、
皆さん喜々として参加されていました。
大好評でしたので、また、
このような体験は企画したいと思います。
銀がすごく身近になったのではないでしょうか。

今年のトークショーは終わりますが、
来年は少し形を変えて、ニッポンのワザを
多くの方に知っていただくために企画したいと思います。
どうぞ宜しくお願いいたします。

ここならではの貴重なお話を
聞かせてくださった上田社長。
DSCF5909_convert_20121122144440.jpg

DSCF5905_convert_20121122144420.jpg

別室に移って実演の予定が、
指輪制作の体験大会に!!
DSCF5915_convert_20121122144236.jpg

そして最上階スイートルームへ。
パークホテル東京のご協力により、
上田銀器工芸のカトラリー「マンハッタン」
と「ウイング」を素晴らしいテーブル
セッティングでご覧いただきました。
DSCF5925_convert_20121122144354.jpg

窓の外にはライトアップされた東京タワー。
片手にはホテルからプレゼントの
シャンパンが。なんと贅沢な時間。
DSCF5935_convert_20121122144300.jpg

参加者が制作した指輪の
最後の仕上げをしてくださる上田社長。
気さくなお人柄に皆さん虜になったのでは?
DSCF5940_convert_20121122145211.jpg
2012.11.22 / Top↑
昨日は二の酉でした。

毎年、熊手を大きくしていくか、
祝儀を積んで額面を大きくしていくか。

験担ぎは一度始めると、途中で方針を
変えられないもので、不況をはね飛ばせ!
の気持ちを込めて、どーんっと大きくするかっ
、、、とはいかずに昨年と同じ大きさ同じ額面で。

こんなところでも、勝負に出られない。。
リーマン以降、震災など天変地異にも影響を受け、
経営者のメンタルも随分変わったのではないでしょうか。
私だけかな。。

二の酉の人出は、去年より少なく感じたけれども、
それでも、あの場には活気があふれ、
来年は福を呼び込むぞ、と希望に燃える人々にパワーが感じられ、
なんだか良いことが起こるんじゃないか、
良いことを起こせるんじゃないか、
という気持ちになっていきます。

ご一緒した先輩に、
何か事件が起きても乗り越える運があるから、
そんな強運のあなたと行きたい、
なんてとっても嬉しい言葉もいただいて。。
これが一番、励みになったかなぁ。

あっという間の2012年でした。

2013年。
狙うはV字回復デス。

三ノ輪駅側からのアプローチで
8時から30分くらいで入り口へ到達。
DCIM0289_convert_20121121220212.jpg

あのご家族、石原一家の熊手も。
DCIM0292_convert_20121121220254.jpg

ご祝儀は熊手にはさんで。
手拍子もお願いしました。
DCIM0297_convert_20121121220407.jpg

熊手は毎年「八百敏」さんで。
DCIM0294_convert_20121121220328.jpg

2013年、福をかっこむぞ、の顔。
DCIM0298_convert_20121121221135.jpg

2012.11.21 / Top↑
銀食器というと、
ヨーロッパの王侯貴族の食卓をイメージしてしまいます。
骨董屋さんでアンティークの銀製品を見かけることも多く、
どうしても銀食器はヨーロッパが本場だと思っていました。

しかし、葛飾区に
「世界を超えた、日本の銀器」をつくる工場があります。

今回のトークショーは、その上田銀器の社長をお招きして、
銀食器にかける思い、秘められた技、そしてテーブルセットの教養まで
幅広くお話を伺いたいと思います。
場所は、パークホテル東京の吹き抜けラウンジではなく、
1階エレベーターで上がっていただいた、26階の、
その名も「クリストフル」というお部屋です。

実際に銀食器をつかっていただきたい、
という上田社長の有り難いお申し出を受けて、
銀食器を使っていただく場面も計画中。

珈琲、紅茶のワンドリンクとお土産、
さらに上田社長が目の前でバターナイフ(予定)を形作る様を実演、
さらにさらに、パークホテル東京の最上階・スイートルームに
TVドラマ「華麗なる一族」で万俵家が使ったシリーズ、
キングリチャードのカトラリーフルセットをセッティング。
トークショー参加の皆様には、スイートルームで、
シャンパンもしくは、
ノンアルコールの素敵な発泡水=シャテルドン一杯を
パークホテル東京さまからプレゼント。

なんとなんと、贅沢な時間。

限定24名様。

みなさまのお越しをお待ちしておりますm(_ _)m
------------------------------------------------------------------------
11月21日(水)「職人という生き方 東京銀器」企画展記念トークショー

日時:2012年11月21日(水)15:15~ (開場:15:00)
場所:パークホテル東京(東京都港区東新橋 1-7-1)
参加費:3,000円(ワンドリンクとお土産付き)※学割:1500円

お申し込みは、こちらから。
http://www.nipponnowaza.com/com/kokuchi_ginki2.html
2012.10.26 / Top↑
オンラインショップを運営しているので、
時々「TV番組のコーナーで流すPVをつくりませんか」
といった営業のお電話をいただくことがあります。
PVの制作費の問題もありお断りしているのですが、
毎回、営業の方にお話しするのが、
人が手作りしているものを扱っているので、
TVの爆発的な影響力で注文が殺到しても、
在庫が間に合わなくなる、ということ。

リードタイム3ヶ月でどうでしょう?

とも言われるのですが、3ヶ月待ってくださるのかしら。。
と疑問に思ってしまいます。

しかし、番組の内容によっては、
待つことが愉しみになるのではないか、と最近思いました。

江戸小紋の廣瀬染工場・四代目、廣瀬雄一さんを追っかけた
10/21放映の「ソロモン流」です。
商品の良さもさることながら、
心から応援したいと思える人物像がしっかり伝わってきました。
これは欲しい、と思った方がたくさんいらして、
ギャラリーニッポンのワザのアクセスもいつもの100倍ほど。
放映から4日経っていますが、いまだご注文をいただいています。

TVの影響力は、これまでは「瞬間」だったのですが、
この現象も、廣瀬さんの姿が視聴者の心に刻まれた証だと思います。

国産絹100%のストールは、売り切れのものや、
お待ちいただかなくてはならないものも出てしまいましたが、
待つことを愉しみにしていただけたら嬉しいです。
一生懸命、廣瀬染工場の皆さんが染めていらっしゃいます。

また、秋冬ものとして、カシミア&絹のストールも、
近いうちに入荷いたします。こちらも是非、ご覧ください。

2012.10.25 / Top↑
というわけで、引っ越し、記者会見など
かつてない忙しさの中で、ご報告がすっかり遅れてしまいました。
先週の9/12(水)に、予告通り江戸切子の職人さんを招いて
トークショーを開催いたしました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございます。。

こちらも、いい会でした。
パークホテル東京の屋外のような開放感あふれる
アトリウムという場所の効果と、
ホテルスタッフのみなさまの、あたたかなおもてなし、
内田氏の名司会、そして職人のみなさまの、
堂々としたそして茶目っ気のあるトーク。
この要素が渾然一体となって、
生み出される雰囲気なのだと思います。
ご協力くださった皆様、有り難うございました。

少し、様子を写真でご報告。

DSCF5452_convert_20120921193811.jpg
参加された方にワンドリンクサービス。高野氏の江戸切子で!!
色とりどりローズ、ハーブのティーです。カクテルデザイナーの
鈴木隆行氏が今回のために考案されたそうです。美しい!!

DSCF5482_convert_20120921193732.jpg
こんな雰囲気のトークショーって、ちょっと贅沢です。

DSCF5467_convert_20120921193752.jpg
最初にカクテルデザイナーの鈴木隆行氏が日本独特の文化、
丸氷を削り出すパフォーマンスを見せてくださいました。
削りながら、日本人と氷の興味深い歴史をお話くださいました。

DSCF5488_convert_20120921193648.jpg
江戸切子の将来を担う若手職人、右から高野氏、長島氏、小林氏。
自分の道をしっかり歩んでいる人は、堂々としているものですね。

DSCF5484_convert_20120921193713.jpg
右から司会の内田氏、編集長の鈴木。もはや名コンビ。

DSCF5494_convert_20120921193630.jpg
トークの後は、高野氏による実演。

DSCF5499_convert_20120921193609.jpg
みなさん興味津々。見入っていらっしゃいました。
このように実演を通して、江戸切子への理解が深まり、
愛着も深まるといいなと思っています。

DSCF5516_convert_20120921193544.jpg
今回は職人さん自ら商品を説明。商品ではない貴重なお品
(参加した人だけが知っている!!)もお持ちいただき、
ご説明いただきました。

雰囲気、伝わりましたでしょうか!?

次回は東京銀器で11/21(水)15時20分からです。
どうぞお楽しみに!!
2012.09.21 / Top↑
本日、パークホテル東京にて記者会見を行いました!!
お集まりいただいたメディアの皆様、有り難うございます。
そして、快く登壇をお引き受けくださったみなさま、ありがとうございました。

いつものように名司会者、内田氏のおかげで、
登壇者、お一人お一人の思いがナチュラルに引き出された
あたたかな記者会見だったと思います。

記事になるのが楽しみです。
メディアの皆様、どうぞ宜しくお願いいたします。

そして、多くの方にステイプランを楽しんでいただけたら嬉しいです。

DSCF5704_convert_20120921190616.jpg
和やかな雰囲気の記者会見。メディアの皆様には
「東京スカイツリー(R)カクテル」がサーブされました。

DSCF5702_convert_20120921190554.jpg
向かって右から、水野誠一氏(すみだ地域ブランド推進協議会 理事会 理事長、
株式会社IMA 代表取締役)、小林俊介氏(すみだ地域ブランド推進協議会 
理事会 理事、株式会社東あられ本舗 会長)、片岡恭一氏(株式会社片岡屏風店
代表取締役)、田口大輔氏(玉の肌石鹸株式会社 営業部)

DSCF5703_convert_20120921190532.jpg
向かって右から司会の内田芳嗣氏(日本デザインマネジメント協会 総合研究所幹事)、
根來千馨氏(アレックス株式会社 プロジェクトマネージャー)、
木下のぞみ(ニッポンのワザドットコム 主宰、有限会社プレインカフェ 代表取締役)、
林義明氏(株式会社芝パークホテル 代表取締役副社長、パークホテル東京 総支配人)

ステイプランの詳しい情報は、こちらを
パークホテル東京でのステイプラン紹介ページはこちらを

世界マーケットに日本のプロダクトを紹介している、
ALEXIOUSの本プラン連携ページは以下を。
TOPページ(バナー掲載)
プロモーションページ
商品詳細ページ
ブランドページ
どうぞ、ご覧くださいませ。
2012.09.21 / Top↑
無事、ほんとうに、
なんとか無事に、
日本橋富沢町への引っ越しが完了しました。

土曜日に電話が開通し、
本日、インターネットが開通し。

段ボールは山積みですが、
なんとか明日から通常通りの営業を開始できそうです。

この間、各方面から、
ご心配いただきました。。。
感謝です。

新生ブレインカフェ。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

※そうそう、1階のカフェは本当に素敵です。
24日(月)OPENだそうですので、
お時間許せば、みなさまとCoffee Timeを
楽しみたいと思っています。
2012.09.17 / Top↑
東京スカイツリー誕生に沸く墨田区は、
古くからものづくりが盛んな職人の街。
匠の技に、遊び心がプラスされた
すみだ生まれのものを、多くの方に紹介したくて、
パークホテル東京にて、ステイ・プランを企画してしまいました。

内々では「面白い!!」と思っておりますが、
さて、皆様、いかがでございましょうか!?

Aプランは「めでた尽くし」がついてきます!
Bプランは「江戸切子」がついてきます!
DSC_1025_convert_20120830230904.jpg

お部屋に入ると、こんな感じでお出迎え。
DCIM0197_convert_20120830230945.jpg
DCIM0198_convert_20120830231008.jpg

窓から、控えめに顔をのぞかせる東京スカイツリー!
DCIM0199_convert_20120830231029.jpg

一部の商品は、ギャラリーニッポンのワザで、
英語が堪能な方はALEXCIOUSにて9/1よりお買い求めいただけます!(ALEXCIOUSは〜11/30迄の期間限定販売)


詳しくは、パークホテル東京のホームページをご覧ください。
2012.08.30 / Top↑
諸般の事情により、引っ越しが延期になりました。
「諸般の事情」と他でもお知らせしていたら、
何があったのか、誰か倒れたのか、
などなど大変心配してくださる方も出てしまい、
簡単に概略をご説明しておくことにしました。

着々と8/31(金)移転の準備を進めていたのですが、
驚くことに、新事務所が
電話もネットもつながらない状態であることが
今週の初めに分かりました。
理由を書くと、特定の事業者のことを書かなくてはならなくなるので、
それは、ここでは止めておきます。

電話とネット環境は9/15には整う予定です。

三連休は引っ越しと引っ越しの始末に費やして。
9/18(火)から、通常業務を新事務所にて行います。
どうぞ宜しくお願いいたします。

2012.08.29 / Top↑
そういえばMOVE ONというタイトルの
DAVID BOWIEの曲がありました。
アルバム名は、ああそうか「Lodger」か!
どんな歌詞だったのかうろ覚えですが、確か、
「ここは自分の居場所ではない、さあ引っ越しだ」
(かなり乱暴に言ってますが^_^;)
といった内容だったかと思います。

2002年10月。
ブレインカフェとして銀座に一歩を踏み出して以来、
銀座四丁目で引っ越しを2回しました。
引っ越しのたびに少々センチメンタルになっていたのですが、
2012年8/31、ブレインカフェは銀座から日本橋富沢町へ動きます。
いろんな思いを抱えて。
プラスの思い、マイナスの思い、いろいろありますが、
全部計算するとプラスの思いで引っ越します。

ちょうど10年の良き節目。

10年の垢を落として身軽になって、
新しい気持ちで、新しいコトもはじめます。

今年の前半戦は、心が折れそうになっていたけれど、もう大丈夫。
やってやろうじゃないの。って気持ちです。

日本橋富沢町は、まぁ人形町の文化圏。
人情あふれる街。江戸の薫りの残る街。

そこで、次の10年の第一歩を。

今後とも、ご贔屓に。

DSCF5375_convert_20120824203610.jpg
Gallery & meeting room「掌loft」。新しいコトは、ここで。

2012.08.24 / Top↑
6月に駿河竹千筋細工の職人さんを招いて
パークホテル東京のラウンジで実施したトークショーの第二弾。
9/12(水)に実施いたします。
今回は江戸切子の若手職人2名を招いて、
「若者はなぜ、職人を目指したのか」というテーマ。
このテーマですし、そもそも職人という生き方を
応援したいと始まっている活動ですから初回からやるべきだったのですが、
今回から学割も設定して学生さんにも参加しやすくしております。
第一回に参加してくださった学生さん、ごめんなさい。

第一回と同じく、カクテルデザイナーの鈴木隆行氏デザインの
ノンアルコールカクテル1杯と江戸切子柄手ぬぐいのお土産もつきます。

その場で江戸切子のグラスをお買い上げいただいた場合、
トークショー終了後にバーにて鈴木氏が即興で、
カクテルをデザインするというイベント(有料です)も
企画しています。お楽しみに。

お申し込み&詳細は、
ニッポンのワザドットコムでご確認ください。
こちらをクリック

日時:2012年9月12日(水)15:15~ (開場:15:00)
場所:パークホテル東京 25F ラウンジ(東京都港区東新橋 1-7-1)
参加費:3,000円(ワンドリンクとお土産付き)※学割:1500円(学生証をお持ちください)

お待ちしておりますm(_ _)m
2012.08.17 / Top↑
来る8/19(日)、とっても素敵なイベント、
第5回「BON ! BON ! PARC MARCHÉ」に出店いたします。

美味しいお料理と、楽しいおしゃべり。
屋内とは思えない開放的な場所、パークホテル東京の
アトリウムで開かれるマルシェは今回で第五回目。
パークホテル東京のArtSHOPで
「職人という生き方展vol.5江戸切子」を展開している、
ニッポンのワザドットコムとして、
江戸切子と美味しい日本酒(世界チャンプに輝いた澤姫さん!)の
ご紹介をするお店をやります。
前回、初めて参加したのですが、このイベント、
「え、このレストランの味がこの価格で?」
「え、あの農場のお野菜が買えるの?」と、
「え?」「え?」が続く心からお薦めのイベントなんです。

食いしん坊のみなさん。お見逃しなく。

ニッポンのワザドットコムのお店では、
江戸切子職人の高野秀徳さんにつくっていただいたぐい飲みを
当日お買い上げいただいた方に、澤姫さんの
大吟醸(世界一に輝いたお酒)
純米吟醸
山廃純米
の試飲チケットをおつけいたします。
買っていただいたぐい飲みでご試飲いただく、
という趣向です。

12時〜15時のイベントで、どなたでも無料で参加できます。

詳しくは、以下のパークホテル東京のサイトをご覧ください。
お待ちしております!!

http://www.parkhoteltokyo.com/cms/storage/1/1-126.html
2012.08.08 / Top↑
仕事は人生のなかで、
多くの時間を費やすものだから、
その中で自分の存在意義を
確かに感じられるものを選択したい。
by 私

だけれども、就職しようという段、
みんな、いくつの職業を知っていて
自分の進むべき道を決めるというのだ。
。。。と問題意識を抱き、幅広い職業教育が
あるいは職業についての情報提供が必要だと感じ、
特に、現代社会ではマイノリティになった
職人という生き方に我々はスポットライトを当てよう、
。。。と立ち上げたのがニッポンのワザドットコム。

サイトの運営だけでなく、
あんなことも、こんなこともやっていきたい。。
だけれども、私たちのできることは限られている。。。

そんな葛藤、自問自答を繰り返していたけれど、
この事業が現実のものとなると聞いたとき、
私は本気で万歳しました(心の中で)。

アウトオブキッザニア。

ニッポンのものづくりを支える墨田区で、
屏風職人
バッグ職人
切子職人
モダン和紙アート
革作家
時計職人
金属加工でモノ作り
革つなぎ職人
の体験を「JTB旅いく×キッザニア」が提供します。

予約はすでにスタート。
受け入れ開始は8/1より。

職人という生き方を、多くの子どもたちに知ってほしいです。
いろんな意味で。

詳しくは、
墨田区のウェブサイト
お申し込みは、
JTBのホームページへ。

2012.07.10 / Top↑
汐留のパークホテル東京にて、
「職人という生き方展vol.5 江戸切子」が昨日から始まりました。
昨年の同時期、芝パークホテルにてやはり「江戸切子」をテーマに
展示をいたしましたが、今回は前回は並ばなかったお品も展示しています。

なかなか、いいセレクト!!

ため息、もれます。

帯留をつくってくださっている高野秀徳さんの、
第23回江戸切子新作展、経済産業省製造産業局長受賞作品、
「波浪」も展示させていただいております。

9/30までの展示です。
ぜひお運びを。

余談ですが、
小林淑郎さんのロックグラス_魚子をビジュアルにしたポスターが、
なかなか格好良くできました。大きな美術館のポスターみたい。
職人の仕事の素晴らしさをしみじみ感じさせてくれます。

会期中には、8/19(日)のBon Bon Marcheへの出店(お楽しみ)、
9/12(水)15:15〜の職人さんを招いてのトークショーなど
江戸切子づくしのイベントも計画中。

あれも、これも。
ぜひ遊びにいらしてください。

こちらが、ポスター!!
DCIM0164_convert_20120703144956.jpg
「職人という生き方展vol.5 江戸切子」の詳しい情報は、
下記のニッポンのワザドットコムURLをご覧ください。
http://www.nipponnowaza.com/com/kokuchi_kiriko.html
2012.07.03 / Top↑
六月大歌舞伎。観てきました。

メディアでは、歌舞伎役者になった香川照之を
大きく報道していますが、それも注目だけど、
亀治郎が猿之助を襲名する、というのが凄いこと。
そして個人的には、子ギツネかわいや、
大好きな義経千本桜で「川連法眼館の場」を観られること。
これはもう万難排して行くべし、と思ったのですが、
いやはやチケット取るの苦労しました。

来月も猿翁の姿が見たくて行きたいけど、無理かなぁ。。

新・猿之助の小ギツネ。よかったです。
若手だと海老蔵、右近で観ましたが、
新・猿之助の小ギツネは、動物の仕草が
「そうそう、あんな感じ」と共感できたし、
宙乗りで嬉々として去って行く様も、かわいくて
ずっと笑顔で見送ってしまいました。

小栗栖の長兵衛の中車(香川さん)も、もちろん良かったです。
この方は何をやっても上手いですね。
個人的には型の連続、錦絵の連続が歌舞伎の真骨頂、
と思っているので、次回はそちらのかっこ良さ、
美しさで魅了されたいな、と思いました。

それにしても、贅沢な顔合わせ、演目でした。

一、小栗栖の長兵衛(おぐるすのちょうべえ)

長兵衛 / 中車
馬士弥太八 / 右 近
妹おいね / 笑三郎
堀尾茂助 / 月乃助
猟人伝蔵 / 弘太郎
父長九郎 / 寿 猿
巫女小鈴 / 春 猿
僧法善 / 猿 弥
七之助 / 門之助

二、口上

猿之助改め猿 翁
亀治郎改め猿之助
中 車
初舞台團子


三、三代猿之助 四十八撰の内 義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
  川連法眼館の場
  市川猿之助宙乗り狐六法相勤め申し候

佐藤忠信・忠信実は源九郎狐 / 亀治郎改め猿之助
駿河次郎 / 門之助
亀井六郎 / 右 近
飛鳥 / 竹三郎
川連法眼 / 段四郎
静御前 / 秀太郎
源義経 / 藤十郎
2012.06.19 / Top↑
6月16日(土)、17日(日)と、
群馬県の倉渕へ「農業と養蚕」の体験旅行へ行ってきました。

この旅の主催者は、ニッポンのワザドットコムでも
以前取材した「おかいこステーション」。
きものスタイリストの石田節子さんがプロデュースした
絹の文化に触れられる施設です。
昨年のグランドオープンから時が経ち、
「おかいこステーション」の活動は
「本格的な養蚕」→「倉渕の絹をつかった商品製作&販売」へと発展しています。
その立役者が石田さんのご主人で能楽師の長谷川晴彦さん。
能楽師としての長谷川さんの活動も、
以前ニッポンのワザドットコムでご紹介しています。

今年の3月に長谷川さんから、
倉渕に桑の木を1800本植える、との情報をいただき、
「早く桑畑を見に行きたい」「おかいこさんに会いたい」と
思いを募らせていたのですが、ようやく実現した次第です。

14時に高崎駅へ到着。
長谷川さん運転の「おかいこステーション」号に乗り込んで
まずは、桑畑へ。

桑の木はほっておくと、大木に成長するのだそう。
だから丸坊主にしてしまうんですね。新芽はまさに若葉色。
おかいこさんでなくても、美味しそうーと感じる色。
桑の苗は植えてから3年は待たないとおかいこさんの
ご飯にはならないのだそうです。
IMG_3605_convert_20120618195038.jpg
桑の実。副産物もジャムとか、何か有効利用したいもの。
IMG_3607_convert_20120618195104.jpg
雨の中、ご案内いただきました。
IMG_3610_convert_20120618195204.jpg
次に向かったのが、おかいこさんのいるハウス。
IMG_3611_convert_20120618195223.jpg
こうしてみるとマンションみたい。仕切りに入らずに繭になったものも。
そのこたちは、後ほどご紹介するシルクの化粧水になりました。。
IMG_3614_convert_20120618195243.jpg
まだ繭になっていないおかいこさんに、新鮮な桑の葉をあげました。
しゃかしゃか、とはむ音がします。
IMG_3616_convert_20120618195304.jpg
養蚕見学の後は「おかいこステーション」の「桑茶カフェ」へ。
IMG_3617_convert_20120618195320.jpg
こんなカフェ。眺めがいい!! 雰囲気いい!! ご飯が美味しい!!
IMG_3643_convert_20120618195625.jpg
スリッパもかわいい!!
IMG_3618_convert_20120618195357.jpg
夜は倉渕で野菜をつくっている方も加わり、バーベキュー大会。
倉渕は新規就農を支援する人、仕組み、施設が充実しており、
この日も中心となっている支援する人、新規就農者の方が集まりました。
新規就農者のお一方がバイオリン(Fiddle?)を携えていらっしゃり、
ケルト音楽を披露。素晴らしい演奏を堪能しました。
セロ弾きのゴーシュみたい!!
IMG_3623_convert_20120618195433.jpg
野菜はほとんど、農家から持ち込まれたもの。とにかく美味しい。
カフェは夏季限定で再開するそうです。美味しすぎて写真撮るのを
忘れていたのでほとんど皿が空になってます。。
IMG_3619_convert_20120618195415.jpg

翌朝。朝露の残るなか、昨日バイオリンを披露してくださった
Mさんのレタス畑へ。都内のスーパーへ出荷するレタスの収穫、
荷詰め作業をお手伝い(お邪魔?)しました。
IMG_3634_convert_20120618195457.jpg
ズッキーニ畑も見学。
IMG_3641_convert_20120618203115.jpg
次にもうひとかたの新規就農者Mさんの畑へ。こちらは、
これから何を植えようかと思案しているところだそうです。
もとは「うど」畑だったところを借り受けて、開墾。これが苦労したそう。
下の写真は掘り起こされた「うど」。茶色いのが根。頑強な根です。
IMG_3638_convert_20120618195538.jpg
就農者必需品の軽トラ。
IMG_3637_convert_20120618195518.jpg
桑茶カフェに戻ってランチ。倉渕のキャベツをつかったサラダとスープ。
ビーフカレーにデザートのアイスは桑茶のアイス。
IMG_3644_convert_20120618195645.jpg
IMG_3645_convert_20120618195703.jpg
IMG_3646_convert_20120618195725.jpg
そして最後にシルク化粧水づくりを体験。
繭をきれいにして、半分に割り、さなぎを取り出し水洗い。
あとはザクリ用のストーブで40分精製水で煮出す!!
最後にグリセリンを加えてできあがり。
夜使ってみましたが、クリーム無しだったけどしっとり。
これ、いいかもしれません。
IMG_3649_convert_20120618195746.jpg
IMG_3650_convert_20120618195804.jpg
IMG_3652_convert_20120618195825.jpg
IMG_3654_convert_20120618195843.jpg

いやいや、盛りだくさんの体験旅行でした。
そして毎回感じるのは、「人」のパワー。
つなぐ人、あつまる人がいなければ、どんな仕組みも
どんな施設も用をなさない。
倉渕の人々に出逢って、これから倉渕はどんどん面白い村に
なっていくのではないかと思いました。

このような企画は、今後も続けて行くそうです。

次回は7/28(土)、29(日)の予定。

詳しくはニッポンのワザドットコムでもお知らせいたしますので、
どうぞご注目ください。



2012.06.18 / Top↑
少し時間が開いてしまいましたが。。

5/29(火)15時半より、
汐留のパークホテル東京にて開催しました、
書籍「職人という生き方 駿河竹千筋細工」
発刊&企画展記念トークショーへお運びくださいました
皆々様。ありがとうございました。

至らない点。。
多々ありました。

なぜ、平日の昼間なのだ。
と、お叱りの言葉もいただきました。。

次回は、もっとよい会にしたいと思います。
どうぞ末永くお付き合いくださいませ。

。。しかし、手前味噌ですが、
面白い会だったと思います。

駿河竹千筋細工の工房、
みやび行燈製作所さんにとって、
百貨店での実演、販売経験はあるものの、
トークショーへの参加、ホテル空間での実演は
初めてのことだそうです。
普段の百貨店ではお会いできないお客さまに
駿河竹千筋細工を知っていただけたこと、
また最近の潮流である、
職人自らが市場を開拓する現実を知っていただけたことは、
みやび行燈製作所、お客さま双方にとって
良かったのではないかと思っております。

以下、当日の様子をご覧ください。。。

パークホテル東京の大空間が会場。写真にはありませんが、
上方の天窓から自然光が降り注ぐ中でのトークショーでした。
DSCF5624_convert_20120604192605.jpg

みやび行燈製作所の三男さん、杉山茂靖さんにゲストスピーカーとして
ご参加いただきました。後ろの屏風は北斎の「赤富士」。墨田区の
片岡屏風店さまにご協力いただきました。。。そのココロは、
「どちらも駿河の誇りです」。なんちゃって。手前のテーブルに乗っているのが、
ノンアルコールの「Bamboo Leaf」カクテルです。大好評でした。
DSCF5632_convert_20120604192746.jpg

ナビゲーターは山櫻 広報室の内田さま(写真右)にお願いいたしました。
内田さまは日本デザインマネジメント協会 総合研究所幹事でもいらっしゃいます。
写真左がニッポンのワザドットコム編集長の鈴木です。
DSCF5631_convert_20120604192723.jpg

トークショーのために特別に、手提げ籠「葵」を用意していただきました。
みやび行燈製作所ではあまり在庫をもたないそうで、少々無理をお願いしました。
DSCF5608_convert_20120604192430.jpg

創業90年の老舗「ヤギセイ」が立ち上げた、大人の浴衣ブランド「Karin」を
ご紹介するコーナーも設けました。
DSCF5620_convert_20120604192521.jpg
色鮮やかな「Karin」の浴衣。ヤギセイのお二人にお願いして、トークショーの途中で
手提げ籠「葵」と手提げ籠「小町」を手に持っていただきました。ありがとうございます。
DSCF5622_convert_20120604192637.jpg

トークショーの前日5/28から6/8まで、パークホテル東京で「竹灯り」展も開催しています。
この写真の屏風は5/28、29のみの展示でしたが、駿河竹千筋細工のワザ、
みやび行燈製作所のワザが遺憾なく発揮された素晴らしいお品でした。
DSCF5609_convert_20120604192454.jpg

実演風景。画期的です。このラグジュアリー大空間での実演!!
皆さんじっくりご覧になっていました。外国人宿泊者も興味深げに見入ってました。
DSCF5643_convert_20120604192824.jpg

それにしても、キムタクに似ている。。。
イケメン職人としてブレイクするのではないか、と勝手ながら思っています。
DSCF5642_convert_20120604192806.jpg
2012.06.04 / Top↑
長いタイトルですみません。

書籍「職人という生き方 駿河竹千筋細工」発刊&企画展記念トークショー
というものを5/29(火)に実施することになりました!!

場所は汐留の「パークホテル東京」。
お出かけになったことのない方は是非に。
東京タワーが大迫力で迫ってくる、都心のオアシスです。
surugatake0529_convert_20120501195252.jpg

会費は3000円ですが、ですが、な、なんと、
カクテルデザイナーがデザインした「バンブーカクテル」の
ノンアルコール版とヤギセイさんの「かさねのいろめ」手ぬぐいが
お土産で付いてきます。
もちろん、駿河竹千筋細工の職人さんをお迎えしての、
ここでしか聴けないトークショーが目玉でございます。
当日は展示販売も行いますので、学んで、見て、お買い物を
リッチな空間で楽しんでいただけます。
お着物でいらした方には、弊社特製「江戸切子柄手ぬぐい」を
プレゼントいたします。

時間が15時半からなのですが、パークホテル東京
「タテルヨシノ」でランチ後に参加、なんていうプランもいいかと。

限定80名さま。
みなさまのお運び、お待ちしております。
お申し込みは、こちらから。


本はこちらからも、お買い上げいただけます。

職人という生き方 駿河竹千筋細工職人という生き方 駿河竹千筋細工
(2012)
不明

商品詳細を見る




2012.05.01 / Top↑
ちょっと前の話ですが、
久しぶりに歌舞伎へ行きました。

2月からなんだか忙しく、それでも
それなりに休日も活動していたのですが、
ブログに記録することがままならず、
5月目前になりやっと時間ができたという状況です。

さて、観たのは「仮名手本忠臣蔵」。
通し狂言にひかれて、なんと昼夜ぶっ通しで観ました。
ああ贅沢。だけど歌舞伎は観ているだけなのに、
どうしてあんなに疲れるんでしょうね。

清新な顔合わせ、で若手が大きな役に挑戦していました。
ベテランには無い爽やかさ。。。
でも「重さ」はやはりベテランがいないと生まれませんね。
人生経験が「重さ」をつくるのでしょうか。
不思議なものです。

六月、七月は市川猿翁、市川猿之助、市川中車、市川団子が揃います。
見逃せない舞台となりそうです。

四月花形歌舞伎
通し狂言 仮名手本忠臣蔵

昼の部

大 序 鶴ヶ岡社頭兜改めの場
三段目 足利館門前進物の場
    同 松の間刃傷の場
四段目 扇ヶ谷塩冶判官切腹の場
    同 表門城明渡しの場
浄瑠璃 道行旅路の花聟
【大序・三段目】
高師直 / 松 緑
桃井若狭之助 / 獅 童
顔世御前 / 松 也
足利直義 / 亀 寿
塩冶判官 / 菊之助
【四段目】
塩冶判官 / 菊之助
石堂右馬之丞 / 亀三郎
薬師寺次郎左衛門 / 亀 鶴
顔世御前 / 松 也
大星力弥 / 右 近
原郷右衛門 / 薪 車
斧九太夫 / 錦 吾
大星由良之助 / 染五郎
【道行】
腰元おかる / 福 助
鷺坂伴内 / 猿 弥
早野勘平 / 亀治郎

夜の部
五段目  山崎街道鉄砲渡しの場
     同 二つ玉の場
六段目  与市兵衛内勘平腹切の場
七段目  祇園一力茶屋の場
十一段目 高家表門討入りの場
     同 奥庭泉水の場
     同 炭部屋本懐の場
【五・六段目】
早野勘平 / 亀治郎
斧定九郎 / 獅 童
不破数右衛門 / 亀三郎
千崎弥五郎 / 亀 寿
百姓与市兵衛 / 寿 猿
判人源六 / 薪 車
一文字屋お才 / 亀 鶴
母おかや / 竹三郎
女房おかる / 福 助
【七段目】
大星由良之助 / 染五郎
寺岡平右衛門 / 松 緑
千崎弥五郎 / 亀 寿
竹森喜多八 / 萬太郎
矢間重太郎 / 巳之助
大星力弥 / 児太郎
仲居おつる / 歌 江
鷺坂伴内 / 猿 弥
斧九太夫 / 錦 吾
遊女おかる / 福 助
【十一段目】
大星由良之助 / 染五郎
大星力弥 / 児太郎
小汐田又之丞 / 廣太郎
木村岡右衛門 / 廣 松
大鷲文吾 / 宗之助
竹森喜多八 / 萬太郎
小林平八郎 / 亀 鶴
2012.04.30 / Top↑
4月28日(土)。
友達に誘われて、イベントに参加してきました。
「石巻 雄勝町 書き続ける道」というタイトル。

宮城県の雄勝は、国の伝統工芸品、雄勝硯で有名なところです。
今回の地震で壊滅的な被害を受け、その存亡が危ぶまれていましたが、
雄勝硯の職人さん、地元の人々、ボランティアの人々の手で
復興への道を歩き始めていました。

イベントが行われた場所は、
新宿御苑に近い一軒家「ラ・ケヤキ」。
ここで4/28 、4/29の二日間にわたって、
復興対談、雄勝硯で墨をすり書を書くワークショップ、
雄勝の伝承を「物語り」で聴かせる「雄勝語り」、
雄勝の食いただくランチディナー、
雄勝の物産品の販売、ボランティアの活動展示、
と、もりだくさんでユニークなイベントが行われました。

何かしたいと思いながら、現地まで行くことはまだできていませんが、
多くのボランティア、地元の方が、一年以上の間、
尊い活動をしてこられたことに打たれ、
復興プロジェクトの一つである「マザーミサンガ」を買い求めました。

漁師の妻たちが「切れないこと」に価値をおき、
網をミサンガに編んだものです。
「強い絆」を表現したものだそうです。
その美しさにも打たれました。

「マザーミサンガ」。
どこかで見かけたら、ぜひ手に取ってみてください。

2012.04.30 / Top↑
4月29日。
銀座能楽団の催しへ、
久しぶりに出かけてきました。

今回は第六回「平清盛おもかげの巻」。
第一部はチケットがとれず、第二部からの参加です。
会場はほぼ満員。毎回面白い切り口で能を知れるので、
参加した人の口コミで広がっているのではないかと思われます。

鹿児島の高校時代、
化学の先生が実は薩摩琵琶の名手との噂でしたが、
聴く機会はなく、今回が本格的な琵琶を聴く初めての機会となりました。
なるほど、音楽、というより状況を盛り上げる効果音のよう。
しかも雨の音、風のざわめき、波の満ち引き、といった
自然界にありそうな音。。

平家物語がぴったりはまります。

構成は「能と平家物語」の解説を聴いた後、
琵琶の演奏「壇ノ浦~安徳天皇入水」、
袴能で「経正」。

今回も能の世界に立体的に触れることができ、
大変楽しく過ごせました。
能のことを知りたいけど、難しいのかな、とか
敷居が高いな、と思っている方にお勧めの会です。
次回は秋の開催になるようです。

2012.04.30 / Top↑
ようやく、なのですが、
ブレインカフェ出版の書籍としては第三弾となる、
「職人という生き方 輪島塗」を発刊いたしました。
本当はこの1月からのパークホテル東京での展示イベント、
「職人という生き方展vol.3~輪島塗~」に時期を合わせて
出版したかったのですが、諸般の事情により遅れてしまいました。。

事情の一つとして、今回のページボリュームがあります。
なんと112ページ!!わお!!

この「職人という生き方」シリーズは、
ニッポンのワザドットコムで取材しサイトに掲載している
編集記事を構成しなおしているのですが、
「輪島塗」はニッポンのワザドットコムのopen第一弾の
取材対象工芸であったこと、また世界ブランドにふさわしい、
取材ネタの多さ、そして秘密ですが編集長が「輪島塗」を愛している、
などの理由で取材記事がたっぷりあったのです。
今回は「ワザ紀行」という旅情そそる文章や写真も
書籍に再構成しておりますので、
その辺りもぜひ注目していただきたいところです。

表紙の写真選びも悩みに悩んだところ。

製品に寄るのではなく、
職人にフォーカスした本であることを踏まえ、
また他の漆器と違って堅牢なつくり故の「加飾」が
輪島塗の特長であることも踏まえ、
蒔絵師の北濱幸作さんが蒔絵を施しているシーンを
選ばせていただきました。

金粉、舞っています!!

縁起のよろしいところで、ぜひ一家に一冊。

amazon、全国の書店にて販売しております。
書店はお取り扱いのない場合もありますが、
書店経由でお取り寄せが可能です。
どうぞ、諦めずに(^_^;)お買い求めください。

宜しくお願いいたしますm(_ _)m

職人という生き方 輪島塗職人という生き方 輪島塗
(2012)
ニッポンのワザドットコム編集部

商品詳細を見る
2012.03.07 / Top↑
本日でニッポンのワザドットコムが二歳になりました。
2008年2月くらいに着想を得て、2010年3月0PEN。
着想から数えると、かれこれ4年の月日が流れました。。

振り返れば濃密な時間。

まだまだ、足りない点はたくさんあるのですが、
さまざまな出来事、障害を乗り越えて、よいサイトになってきたと思っています。

目標としているのは、
「ニッポンのワザに関する情報なら質も量も日本一」というところ。
数値目標の一つにしているのは、
月に3万人の人が訪れるサイトになること。
この目標は約3分の1のところまで来ています。

雑誌媒体力の一つの指標に発行部数がありますが、
webの場合はこれがUU(ユニークユーザー数)に相当すると仮定して考えています。
つまり月に3万部発行されている雑誌に相当する媒体力を、
ニッポンのワザドットコムで持ちたいと。


「社団法人日本雑誌協会」のサイト(http://www.j-magazine.or.jp/)で、
印刷証明付きの発行部数(水増しなしということですね)を
検索&閲覧できるようになっています。

以下、ランダムにチョイスしてみました。

LEON(主婦と生活社)79,967部
プレジデントFamily(プレジデント社)53,417部
サライ(小学館)180,834部
anan(マガジンハウス)201,225部
和楽(小学館)31,584部
七尾(プレジデント社)40,325部

意外というのもあるし、納得というのもあるし。

発行部数ではつかめない、
どんな指向を持つ読者なのか、というのも
媒体力をはかるときには重要ですね。

一周年キャンペーンで行ったアンケート調査は、
ニッポンのワザドットコム編集部がお会いしたことのない
読者の姿を想像して、サイトを充実させるためのものでした。
結果を見て、サイトへの期待が大変高いことに気を引き締めましたし、
ニッポンのワザを知りたい、体験したい、使ってみたい、と
意欲的に考えている読者が多いことにも驚きました。

二周年キャンペーンのアンケートで、読者がどう変わっているのか、
すでに結果が出るのを大変楽しみにしています。

質問数が多くてご面倒おかけいたしますが、
ボタンを押して答えられる項目がほとんどなので、
ぜひご協力をお願いいたします。

オリジナル風呂敷が当たるチャンスも!あります。

どうぞ、宜しくお願いいたします。



2012.03.01 / Top↑
2012年は、
電子書籍の市場が盛り上がってくるのではないか。。
と思っていたところ、タイミング良く勉強会のお知らせが。
早速申し込み、本日
「DTP制作現場からみた電子書籍」のセミナーへ参加してきました。

ブレインカフェで「電子書籍」をつくれる環境にする意味は、二つ。
1.クライアントのカタログ、パンフ、社内報などを電子化する
2.自社の出版物を電子書籍化する

どちらも、いますぐに制作環境を整える必要はないのですが、
3月にDTP環境を一新しなくてはならないので、その際に、
後々「電子書籍」に必要なハード、ソフトの環境移行がスムースに
いくように諸々調べて確認しておこうという目的です。

しかし、「電子書籍」市場は、
ハード=端末も、ソフト=制作アプリケーションも乱立しており、
まだ、どう淘汰されていくのか読めないな、というのが正直なところ。
ソフトについては、料金体系も単純に比較できないので、
操作性、各端末への対応、機能、料金。。などなどのバランスで
選択していくしかないのかな、と思っています。

おそらく、Adobe Digital Publishing Suite にするのでないかと思いますが。

それにしても、過渡期の市場で何かを選択するって、
博打に近いですね。。

経営者が磨かなければならない能力の第一は、直感力だ。

という金言を思い出しました。

直感は働く方ですが、今回はどうかなぁ。。
2012.02.13 / Top↑
まだまだ聴いたことのない噺があるものだな。
今年はもっと積極的に落語を聴きに行こう!!

と、2012年の落語に関する目標を立てたのが、
1月の櫻田落語会で聴いた、柳家麟太郎さん口演の「双蝶々」。
聴きながら「あれ?歌舞伎の演目にあるあの噺かな?」と
思ったのですが果たしてそうでした。
落語通にその話をしたところ五街道雲助一門が今度、
「双蝶々」を演りますよというので、早速チケットを購入。
五街道雲助一門は全員好みなので、
今からとても楽しみにしております。

今日までで、聴いた落語は9席。
今年は何席まで記録が伸びるのやら。。
去年は歌舞伎もあまり行けなかったので、
今年は歌舞伎も多めに出かけてみる予定。
なにせニッポンのワザドットコム「芸能」担当なもので。

1月21日 櫻田落語会
三遊亭司 / 天狗の羽うちわ
柳家麟太郎 / 双蝶々

1月28日 日本橋つかさの会
三遊亭司
「金の大黒」「八五郎出世」

2月11日 日本橋つかさの会
三遊亭司
「たらちね」「明烏」
2012.02.13 / Top↑
先週、ギフトショーへ行ってきました。

今回はセミナープログラムへの参加がメイン。
以下の2つのセミナーで貴重な情報をいただいてきました。

2/8(水)
「アフターストーリー」時代の「お・もてなし」を考える
~商品開発ストーリーだけで売れる時代は終わった~
2/10(金)
日本のものづくりを元気にする!
~シンケンの取り組み~

ギフトショーの会場自体は駆け足で回ったのですが、
西展示棟のクラフトデザインコーナー、
アクティブデザイン&クラフトフェアでは、
伝統工芸にデザインやアイデアで新しい価値を付加する
若い人たちの姿が印象に残りました。
ニッポンのワザドットコムで取材したい方が、
たくさんいらっしゃって、経営資源がたっぷりあれば、
すぐにでも全国行脚の旅に出かけるのに。。残念です。

早く多くの人に、日本の技の今をお伝えできるように、
ニッポンのワザ事業の
一日も早い黒字化を(悲願!)目指したいと思います。
2012.02.13 / Top↑
東雲と書いて「しののめ」。
Wikiによりますと、その意味は、
「日本の古語で闇から光へと移行する夜明け前に茜色にそまる空」。

この江戸切子の帯留を見て、
「東雲」とネーミングした弊社ニッポンのワザドットコム編集長。
あなたはエライ!!

DCIM0043_convert_20120119154450.jpg


珍しい色に心ひかれ、しばらく「朝顔」と迷っていましたが、
私、「東雲」に惚れ込み決めました。
茶系の帯にもぴったりですね。
因みに帯は上野の綴れ帯。
三升の紋に海老茶色とくれば、ピンときますよね。
この帯を締めたら「成田屋贔屓」の顔つきで
歌舞伎座にも出かけられようというものです。

さて帯留めは、
ニッポンのワザドットコムのセレクトショップで扱っているもの。
数が少なめなので、気になる方は夏を待たずに手にしてください。
ギャラリーニッポンのワザでお待ちしております。

CMでした(^。^)b
2012.01.19 / Top↑
大河ドラマ「平清盛」を何気なく観ていたら、
切り花を和紙に包んで渡す場面が目に飛び込んできました。

無地の和紙でものを包む作法は、
折形(おりがた)と言って、武家の礼法の一つだったのだそうです。

西欧では贈り物を包む場合、中に何が入っているか
基本的には包み紙の上からは分からないようになっていますよね。
それが折形では、中身によって折り方があるので、
外から何が入っているのか、分かるのだそうです。

この折形の講義を受けたのは去年の11月。
「美道楽」さんが企画した講習会で、
教えてくださったのは、山根折形礼法教室教授の庄司佳子先生。
とても刺激的な会だったのですが、忙しさに紛れてブログに書くのが、
なんと今になってしまいました。面目ない。。

ということで、今年のお年玉は、
講習会で習った包み方で用意しました。
姪っ子、甥っ子たちにも好評(?中身が?)でした。

折り方をちょっとご紹介すると、
IMG_3440_convert_20120111232133.jpg
IMG_3441_convert_20120111232156.jpg
IMG_3442_convert_20120111232218.jpg
IMG_3443_convert_20120111232244.jpg
こんな感じです。簡単だけど綺麗ですよね。

お年玉を渡したのは、この包み方。
IMG_3445_convert_20120111232850.jpg
IMG_3446_convert_20120111232911.jpg
IMG_3447_convert_20120111232933.jpg
IMG_3448_convert_20120111232958.jpg


日本文化の奥深さを知ることが出来る折形。
本も出ていますので、ご興味のある方はぜひ。

暮らしの折り方、包み方―贈る・飾る・楽しむ折形84暮らしの折り方、包み方―贈る・飾る・楽しむ折形84
(2009/12)
山根 一城

商品詳細を見る
2012.01.11 / Top↑
志の輔らくご in PARCO 2012
1月7日

今年初めての落語会は、「志の輔らくご in PARCO 2012」。
落語好きの友人が2年連続で抽選に当たったという幸運を
お裾分けしてもらい、2年連続で出かけてきました。

昨年は「大河への道」という大作を聴けました。
今回は、構想ン年という大作の後だけに、
あの話を超えるものを聴けるのだろうか。。。

トリは「紺屋高尾」。
談志師匠から習った数少ない話の一つなのだそうです。
最後の三本締めでも、談志師匠との想い出が語られて。。

私にも恩人と思っている人は何人かいます。
しかし、芸の道の子弟関係というのは、
恩人とか(もしかしたら親子とかも)、
超える結びつきなのかもしれません。

さて、噺。

タイムトラブル
メルシーひな祭り
紺屋高尾

二番目の「メルシーひな祭り」は、
初めて「志の輔らくご in PARCO」に行った時に
聴いた噺ですが、好きな噺です。
「もうー、冗談ばっかり言って!!」と呆れながらも、
暑苦しくおせっかいな人のぬくもりに、
ぐっと胸を締め付けられるいい噺です。
今回も後半、うるっときました。

さらっとした人間関係に対して、この暑苦しい人間関係。
「おせっかい」はこれから注目される気がしています。



2012.01.10 / Top↑
「職人という生き方展vol.3輪島塗」が、
2012年1月1日から始まっています。
第一回目「江戸切子」、二回目の「江戸小紋」は、
芝の「芝パークホテル」が会場でしたが、
年が改まった今回からは場所を移して、
汐留の「パークホテル東京」での開催です。

パークホテル東京」は首都圏初のデザインホテル。
ブレインカフェからアクセスする場合は、
都営浅草線「東銀座」から乗車して「新橋」で下車。
汐留の地下通路を歩いて汐留メディアタワーへ。
そこから直通エレベーターに乗り25階まであがります。
エレベーターの扉が開き、ホテルのフロントへ向かうと、
嗚呼そこは別天地。巨大なアトリウムと、右手の
東京タワーを中心としたTOKIOの夜景に、圧倒されます。

フロントを右手に見ながら右奧へと進み、
コンシェルジュの前まできたら、その左手奥にあるのが、
新・「掌tanagokoro」です。
芝にいらしたことのある方は、グッとコンパクトに
なったスペースに戸惑われるかもしれませんが、
展示している品数は約80点と、飛躍的に増えているのです。
凝縮された空間で、滅多に見ることの出来ない
輪島塗のあれやこれやを是非、ご覧ください。
もちろん、すべてお買い求めいただけます(^。^)b

詳しい日程は、ニッポンのワザドットコムをご覧ください。
※今回から土日祝日も8:00~20:00まで営業します。
※DMをPDF形式でダウンロードもできます。

入って左手の棚と真ん中の棚が展示スペース
DCIM0014_convert_20120106191520.jpg

お椀、重箱、酒器、箸置き、銘々皿、屠蘇器、
お盆、棗(なつめ)、カップ&ソーサー、
香合入れなど様々ご覧いただけます
DCIM0016_convert_20120106191649.jpg

豪華な蒔絵、輪島ならではの沈金。
まず百貨店には置いていない逸品ぞろい
DCIM0022_convert_20120106191723.jpg

今回はデジタルフォトフレームで写真を展示。
スライドショー形式で旅情がくすぐられるかも
DCIM0015_convert_20120106191628.jpg

オリジナルカクテルも是非に。
バル ア ヴァン タテルヨシノ、バーハイソサエティ東京でご注文くださいね。
wajimacocktail_11_convert_20120106192638.jpg
オリジナルカクテルについて/「倭島(わのしま)」と呼ばれ、栄えた、往にし方の能登・
輪島。大陸のお酒で見立てた盛り切りで、往にし方の酒宴を偲ばせるカクテル」
(ズブロッカ、ライチ酒、杏露酒、葡萄酒、レモングラス、金箔)
2012.01.06 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。