広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
SEOコンサル会社さんが、いらっしゃいました。

ニッポンのワザドットコムのPVをあげるための、
お手伝いをお願いしている会社さんです。
営業さんはお若いのに所作も言葉遣いもしっかりした方です。
時々「滅相もない」という言葉を使われるので、
もしかしたら時代劇好き?と密かに思っています。

外は30度を超える炎天下。
「外回りは多いのですか?」とうかがってみたところ、
「今日は5件です」と。

SEOコンサルと聞くと、最先端のテクノロジーと、
細かなデータを駆使したスマートな営業スタイルとのイメージがありますが、
意外にも足で稼いでいらっしゃるのですね。
水分補給をまめにして、頑張ってくださいね-、と
母のような気持ちで立ち去る後ろ姿に、
心の中で小旗を振って応援しました。

本日アドバイスしていただいた内容は秘密ですが、
さすがにプロだな、と感心しきりの内容でした。

弊社でも、Google Analyticsを使ってデータを収集し、
SEO対策やPR企画の参考にしています。
これまで紙媒体の広告制作を主としてきたものにとって、
媒体を見ているユーザーの数、地域、参照したサイトなどなど
ユーザーのプロフィールが瞬時に分かってしまうネットの世界は、正直、驚きです。
収集したデータを解析し、予測を立ててPR企画を打ち出すと、
その企画があたったかどうかが、また瞬時に分かる。
効いているかどうかが、明確な数値で測りにくい既存媒体よりも、
ネット広告を使いたいと思う広告主の気持ちが大変よく分かります。

紙媒体の広告制作を主とする私たちは、こういう世の中の動きに大変危機感を持っています。
「広告よりもPR」という流れも驚異ですし、
iPadのようなぺーパーレス化を促進するツールの出現も、大変気になります。

ただ結局は、先のことは、誰にも分かりません。
と開き直りますが、要は広告制作は
「好きな人のハートを射止めるためのお手伝い」。
媒体が変わろうと、手法が変わろうと、
告白したい彼を分析し、相手の彼女を分析し、
最適と思われる表現を見つけてアピールする、という
プロセスに変わりはないはずです。

このデータをどう解釈するか。
そこから何を予測して、どんな表現を用いるか。

ここに磨きをかけていれば、時代が変わっても必要とされ続ける。そう思っています。
ブレインカフェが「企画力」にこだわるのも、そのためです。

仕事をするからには、その道のプロでありたい。
ブレインカフェのプロたるゆえんは「企画力」にあり。

2009年に決定した企業理念、
「企画力で、社会を動かす」は、
そんな思いから生まれています。


話をSEOコンサル会社に戻します。
テクノロジーが発展して、同じ情報をもてるようになったけれども、
その情報から読み取れることは、プロとアマチュアだと異なります。
今日のアドバイスをうかがって、やはりプロだなと感心しましたが、
同時に「プロと仕事をするのは楽しい」を再確認しました。

ブレインカフェも、さすがプロ、
プロと仕事をするのは楽しい、と
もっともっと思っていただけるよう頑張らねば。


スポンサーサイト
2010.07.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hibikorekoujitsublog.blog101.fc2.com/tb.php/7-4355db49
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。