広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
本日でニッポンのワザドットコムが二歳になりました。
2008年2月くらいに着想を得て、2010年3月0PEN。
着想から数えると、かれこれ4年の月日が流れました。。

振り返れば濃密な時間。

まだまだ、足りない点はたくさんあるのですが、
さまざまな出来事、障害を乗り越えて、よいサイトになってきたと思っています。

目標としているのは、
「ニッポンのワザに関する情報なら質も量も日本一」というところ。
数値目標の一つにしているのは、
月に3万人の人が訪れるサイトになること。
この目標は約3分の1のところまで来ています。

雑誌媒体力の一つの指標に発行部数がありますが、
webの場合はこれがUU(ユニークユーザー数)に相当すると仮定して考えています。
つまり月に3万部発行されている雑誌に相当する媒体力を、
ニッポンのワザドットコムで持ちたいと。


「社団法人日本雑誌協会」のサイト(http://www.j-magazine.or.jp/)で、
印刷証明付きの発行部数(水増しなしということですね)を
検索&閲覧できるようになっています。

以下、ランダムにチョイスしてみました。

LEON(主婦と生活社)79,967部
プレジデントFamily(プレジデント社)53,417部
サライ(小学館)180,834部
anan(マガジンハウス)201,225部
和楽(小学館)31,584部
七尾(プレジデント社)40,325部

意外というのもあるし、納得というのもあるし。

発行部数ではつかめない、
どんな指向を持つ読者なのか、というのも
媒体力をはかるときには重要ですね。

一周年キャンペーンで行ったアンケート調査は、
ニッポンのワザドットコム編集部がお会いしたことのない
読者の姿を想像して、サイトを充実させるためのものでした。
結果を見て、サイトへの期待が大変高いことに気を引き締めましたし、
ニッポンのワザを知りたい、体験したい、使ってみたい、と
意欲的に考えている読者が多いことにも驚きました。

二周年キャンペーンのアンケートで、読者がどう変わっているのか、
すでに結果が出るのを大変楽しみにしています。

質問数が多くてご面倒おかけいたしますが、
ボタンを押して答えられる項目がほとんどなので、
ぜひご協力をお願いいたします。

オリジナル風呂敷が当たるチャンスも!あります。

どうぞ、宜しくお願いいたします。



スポンサーサイト
2012.03.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hibikorekoujitsublog.blog101.fc2.com/tb.php/261-16803449
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。