広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2012年は、
電子書籍の市場が盛り上がってくるのではないか。。
と思っていたところ、タイミング良く勉強会のお知らせが。
早速申し込み、本日
「DTP制作現場からみた電子書籍」のセミナーへ参加してきました。

ブレインカフェで「電子書籍」をつくれる環境にする意味は、二つ。
1.クライアントのカタログ、パンフ、社内報などを電子化する
2.自社の出版物を電子書籍化する

どちらも、いますぐに制作環境を整える必要はないのですが、
3月にDTP環境を一新しなくてはならないので、その際に、
後々「電子書籍」に必要なハード、ソフトの環境移行がスムースに
いくように諸々調べて確認しておこうという目的です。

しかし、「電子書籍」市場は、
ハード=端末も、ソフト=制作アプリケーションも乱立しており、
まだ、どう淘汰されていくのか読めないな、というのが正直なところ。
ソフトについては、料金体系も単純に比較できないので、
操作性、各端末への対応、機能、料金。。などなどのバランスで
選択していくしかないのかな、と思っています。

おそらく、Adobe Digital Publishing Suite にするのでないかと思いますが。

それにしても、過渡期の市場で何かを選択するって、
博打に近いですね。。

経営者が磨かなければならない能力の第一は、直感力だ。

という金言を思い出しました。

直感は働く方ですが、今回はどうかなぁ。。
スポンサーサイト
2012.02.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hibikorekoujitsublog.blog101.fc2.com/tb.php/260-7d8e7b3e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。