広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
去年の春のこと。
いつものように出社して日経新聞を読んでいたとき、
「あ、これは、いい広告だな」と手を止めた広告があった。
東芝が創業事業の「一般白熱電球製造を中止する」ことを
知らせる広告。工場で止まった機械装置に、深々と
頭を下げる技術者を全30段で表現した広告は、久々に
うーーんとうならされた。
低価格をうたう、チラシのような広告が多かった時期だから、
新聞広告らしい、インテリジェンスのある広告との出会いも、
とても嬉しかった。
http://www.toshiba.co.jp/lighting/jp/ad/index_j.htm

その、東芝 広告部の方から、当時の広告制作現場、
広告掲載後のマーケットの変化をうかがえる機会をいただきました。
OAC(日本広告制作協会)の経営部会主催の勉強会。

詳しい話は割愛しますが、現場の臨場感とともに、
広告部のチームワーク、企業文化が垣間見えて、大変勉強になりました。
その中に、広告アイデアのプレゼンを
トップに直接行なった時のお話が出てくるのですが、
恐らく多くの大企業で稟議、根回し、という手続きが
機動力を奪っている(想像する)なかで、
いい企業文化が残っているなぁ、としみじみ感動。

広告の仕事に携わることの醍醐味を、再確認した勉強会でした。
スポンサーサイト
2011.11.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hibikorekoujitsublog.blog101.fc2.com/tb.php/249-a6891f28
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。