広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
鈴本演芸場十月下席 夜の部

日曜日の午後、
なんとなく物足りなかったので、寄席へ出かけてきました。

とはいえ土曜日は土曜日で青葉台の先、
「寺家(じけ)」というところにあるJIKE STUDIOまで、
黒谷和紙の作家さんハタノワタルさんの展示を見に出かけていたので、
休日のリフレッシュは十分にしていたのではありますが。

寄席は別腹。

トリは文左衛門師匠でらくだ。
らくだは、グロいなぁ、酷いなぁ、と
引いてしまうシーンが結構ありますが、
文左衛門師匠にすごまれると、思わずすくみます。

恐いんだけど笑えて、酷いんだけど優しい。

人間の感情を右端からいきなり左端に持ってくる。
この落差っていうものが、心の鍵をカチャリと外して
感情を剥き出しにしてしまう。。

この「感情剥き出し落差論」に気づいたのは、
浅田次郎の「プリズンホテル」を読んだとき。
理不尽、暴力シーンの中にちらっちらっと織り交ぜられる
登場人物の真実。巧みだなぁと。。。

夏 プリズンホテル(1) (プリズンホテル) (集英社文庫)夏 プリズンホテル(1) (プリズンホテル) (集英社文庫)
(2001/06/20)
浅田 次郎

商品詳細を見る


さて、寄席がはねて外に出ると前座さんが打つ追い出し太鼓。
見事な早撃ち。力強いバチさばき。出てけ出てけ出てけ。。。
と、そこへCRASHみたいな(古い!!)パンク集団が通りかかり、
Japanese Traditional Dramsに「なかなか、やるじゃん」
と(見えました)温かな眼差しを向けていたのが印象的でした。


春風亭一之輔 / あくび指南
鏡味仙三郎社中 / 太神楽曲芸
蜃気楼龍玉 / 鹿政談
春風亭一朝 / たいこ腹
すず風にゃん子・金魚 / 漫才
桂藤兵衛 / 強情灸
柳亭小燕枝 / 長短
ダーク広和 / 奇術
五明楼玉の輔 / 生徒の作文(?)
ペペ桜井 / ギター漫談
橘家文左衛門 / らくだ
スポンサーサイト
2011.10.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hibikorekoujitsublog.blog101.fc2.com/tb.php/248-b8c02c48
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。