広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
9/1発売の
月刊誌「邦楽ジャーナル」のvol.296に、
エッセイを書かせていただきました。

37pの「和・楽・抄」というコーナーに、
「職人賛歌」というタイトルで書いています。。
それにしても、自由に書いていいというのは難しかった。
日頃、クライアントの要望を文章にする仕事をしていると、
自分が書きたいことがなくなってしまうのか、
どっからどう書き始めていいのか、正直迷いました。
プロの文章屋として、読者を楽しませたいし、
でも「ニッポンのワザドットコム」のことも知って欲しいし。。。

エッセイには
「ごく私的なことを盛り込んで書いた方がよいかな」と
小学四年生から高校二年まで生田流のお琴を習っていた、
という渋い子供時代のことを入れようと思ったのですが、
入れられなかった。。年の離れた弟が、姉ちゃんに感化されて、
小学生ながら尺八を習い始めた、なんてエピソードも
入れられなかった。。。こぼれ話です。

ということで、ご一読の上、
出来、不出来を、ぜひ教えてください。
Onlineでは、こちらから購入できるようです。
デジタル版もあるので、宝の持ち腐れになっている「iPad」に
入れてみようかと思っています。


スポンサーサイト
2011.09.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hibikorekoujitsublog.blog101.fc2.com/tb.php/241-b196a4a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。