広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
女子の古本屋
岡崎武志
ちくま文庫
2011年6月第1刷

古本屋の魅力というものに、ここまで気づかずにきた。
父が「本は売るものではない」と言っていたことを、
無批判に受け止めて、蔵書を処分しようとか、売ろうとか、
これまで考えたことがなかった。
「Book off」は売ることも買うことも未経験。
神保町や恵比寿の古本屋に物珍しさから入ったことはあるけれど、
この本にあるような楽しみをもらったことはなかった。

父がなぜ、「本は売るものではない」と考えたのか。
貧しい暮らしの中で手に入れた本を貴重と考えたか、
学者として、すべての本をいつでも紐解ける資料として、
そばに置いておくことを必要としたのか、、。

私の方はといえば、この「女子の古本屋」を「夏休みの課題図書」と
すすめてくださった方に教えていただいて「一箱古本市」、
という文字通り、みかん箱程度の一箱に、
自分で決めたテーマに沿って古本を詰め小さな露天を出す、
というイベントを訪ねてようやく、
ああ、こういう魅力があるのかと分かって来た次第。

新刊を扱う書店でも、店主の趣味指向が、
本の仕入れに表れていて面白いように、
古本屋にも同じ面白さ、個性があるのだな、と。。
仕入れた本が、客とのコミュニケーションを媒介する。

「女子の古本屋」に登場する13人の古本屋オーナー。
それぞれの古本屋の個性は、二つとないオーナーの人生の
「個性」に通じている。なるほど。

ブレインカフェで「古物商」の免許は取るけれども、
私には「想い」がないから、古本屋は開けないな。。。

それにしても13人の人生は、胸を打つ。

古本屋を開業しよう、というためにではなく、
女子として人生につまづいた時に読んで力になる本です。

女子の古本屋 (ちくま文庫)女子の古本屋 (ちくま文庫)
(2011/06/10)
岡崎 武志

商品詳細を見る
スポンサーサイト
2011.08.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hibikorekoujitsublog.blog101.fc2.com/tb.php/240-f9be4247
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。