広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
タイトル、ちょっとシャレ入れてみました。

ブレインカフェの取締役Sは、いわゆる「へんぷろ」にいた経験があります。
へんぷろ=編集プロダクションの中でも漫画の「へんぷろ」。
彼は「キンニクマン」の単行本の担当で、
「ゆでたまご」先生のところへ原稿を取りに行っていたこともあり、
「前号までのあらすじ」も書いていたそうです。
※いま彼にウラを取っていたら「ドーベルマン刑事」や「北斗の拳」の
作家さんの仕事もしていたのだと、昔話が始まってしまいました。
漫画の世界に疎い私は、まったく分からない。馬耳東風の域に入りました。。。

さて、彼の独り言はほっといて。

常々そのSが言うには「本の世界は版元にならなくちゃ」。

夢がかないました。
ブレインカフェ、出版社コードを取って、
目出度く出版社=版元になりました。
第一号は「職人という生き方 江戸切子」。
7月8日に初版が刷り上がってきました。
装丁もいい感じ。紙もいいね。
ニッポンのワザドットコムで紹介できなかった写真も、
美しく刷り上がっています。

しかし、小さな出版社は流通をどうするかが問題。

ということで、Amazonに出品してみました。
ポチッとクリック一つでみなさまのお手元に、
ブレインカフェ出版の本が届いてしまうわけです。

ただ、悩んでいるのが、土日祝日の対応をどうするか。
24時間、365日のサービスが当たり前のインターネットの世界ですが、
ブレインカフェは結構、長期のお休みをいただいたりする会社です。

そういう悩み解決のために、Amazonに配送を委託する、
フルフィルメント by Amazon(FBA)という、
オプションサービスもあるのですが、
コストが合うのかどうか、少々不安です。

まずは自社からの配送体制で、様子見です。
24時間、365日対応は出来かねますが、どうぞ皆様、
ポチッとクリックでお買い求めください。

宜しくお願いいたします。

職人という生き方 江戸切子職人という生き方 江戸切子
(2011)
不明

商品詳細を見る


スポンサーサイト
2011.07.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hibikorekoujitsublog.blog101.fc2.com/tb.php/236-345fc127
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。