広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
鈴本演芸場 五月下席 夜の部
5月29日

寄席はいいな。
まったりと5月最後の休日の夜を過ごしてきました。
台風も近づいて来ているからか、お客様も6割ほどの入り。
寄席に来なれている人が多い様子で、開演前から、
持ち込みのお弁当の包みを開けて、腹ごしらえをする人が7割。
マイ水筒、缶ビール、ワンカップ、、、。
寄席は食べたり飲んだりが自由なところも、好きです。
まったくもってお茶の間感覚。

喜多八師匠がトリだからか、ご婦人の姿が多かったようです。
どこか具合でも悪いのかしら?と母性をくすぐる雰囲気の師匠です。
「笠碁」は雨降る晩にぴったりの噺。馬鹿馬鹿しい意地を張りあう、
男同士のかわいらしい喧嘩も好きだし、雨が降る風景、音、におい、
扉の向こうの切り取られた往来の風景(これは映画的)、、、といったものが
鮮やかに心の中に描き出され、あたかも自分がそこにいる気になってくる、
臨場感、というのかな、そういうものに浸れるのも好きです。
初めての「笠碁」は権太楼師匠ででしたが、喜多八師匠のは、元気なおじいさん。
権太楼師匠の枯れた味わいとは、また別のものでした。

チケットが取れず、なかなか聴けない白酒さんは「替り目」。
何度聴いてもいい。白酒さんにぴったりの噺。
笑わせておいて、ほろっとさせる。

そして今回の発見は正蔵師匠。
昔はちょっと噛むところが気になっていて、何度か行った
内幸町ホールも足が遠のいていたのですが、いやいやよかった。
楽しそうに落語をやってらっしゃる感じもすごく伝わって来た。
折り目正しい落語家さんは好きですが、きちっとした中に
深みが増した感じでした。また通わねば。

三遊亭歌る美 / 真田小僧
柳家さん弥 / 子ほめ
伊藤夢葉 / 奇術
柳家一琴 / 強情灸
桃月庵白酒 / 替り目
ロケット団 / 漫才
柳家小満ん / しびん
橘家文左衛門 / 千早振る
翁屋和楽社中 / 太神楽
林家正蔵 / 四段目
柳家小菊 / 粋曲
柳家喜多八 / 笠碁
スポンサーサイト
2011.05.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hibikorekoujitsublog.blog101.fc2.com/tb.php/225-8f574930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。