広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
rakugoオルタナティブvol.1
「落語の中の女」夜の部
柳家三三 / 橋場の雪
橘家文左衛門 / 子別れ
古今亭菊六 / 転宅
池田成志 / 紙入れ
草月ホール
5月14日(土)

池田成志が落語?と興味ひかれていたのですが、
気づいたのが東京かわら版5月号だったので、もう
チケットは買えないだろうと諦めていました。
そこへ先輩からのお誘い。スケジュール調整をして
出かけてきました。

宮藤官九郎の「鈍獣」「印獣」を観て受けた印象は、
グロい、恐い役がはまる役者さん。
「鈍獣」の最後のシーンは脳裏に焼き付いています。
そんな池田成志さんが、落語、しかも「紙入れ」を、
いったいどうやって演るのか。果たして着物を着るのか、
座布団に座るのか、も知らず興味津々。

緊張気味、着物は着ていましたが胸元が開き気味。
座布団に座って話し始めましたが、落ち着きが無い。
大丈夫かなー、普通に演るんだろうか。。心配。
噺の前半は正直、落語とは言えなかったけれども、
後半、池田成志ワールドが炸裂しました。
新吉の悪夢の内容も面白かったですが、
翌朝、様子を見に旦那の家に行ったときのやり取り、下げが凄い。
危ない笑顔、かまぼこ型に見開かれた目、
その瞳の奥には邪悪な炎がチロチロ燃えている。
口は逆放物線のように開かれて、凍ったような笑顔。
そんな顔で新吉に「だいじょうぶだよぉ」と言う女将さんは邪悪。
そして下げの旦那の顔も、同じく凍り付いた笑顔。

こ、これは。。
旦那も知っている。新吉、逃げなさい!奴らグルだよ!!
つづく。。

そんな余韻のある噺になっちゃってました。

普通の紙入れだと、悪い順位は
おかみさん>新吉>旦那
ですが、
旦那>おかみさん>新吉
になってしまったと読み取りました。

落語ではないな、という感想は変わりませんが、
すごく面白かったです。

文左衛門さんの子別れも、よかったなぁ。
いろいろ言われますが、心に繊細な襞がない人だったら、
あんな落語はできなかろう、と思います。

「落語の中の女」というテーマのある落語会。
とても面白い試みだと思いましたが、
最後のインタビューは蛇足かな。

Vol.2で何が起こるのか、楽しみです。


スポンサーサイト
2011.05.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hibikorekoujitsublog.blog101.fc2.com/tb.php/219-91c17e0e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。