広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
第30回 笠間の陶炎祭(ひまつり)
2011年4月29日(金)~5月5日(木)
9 : 00~17 : 00
笠間芸術の森公園イベント広場
http://www.himatsuri.net/

IMG_3116_convert_20110429220045.jpg

笠間の陶炎祭、初日に出かけてきました。

上野10時半発のフレッシュひたちに乗って友部駅へ。
途中、列車に鳥が衝突したとかで遅れて到着すると、
シャトルバスが発車してしまった後でした。
一時間は待てないので、タクシーで現地へ。
運転手さんのお話だと今日は初日なので、まだ混んでいない方だとか。
会場近くは駐車待ちの車の列。会場の手前で降ろしていただき、少し歩きます。
それにしても良いお天気。
先般の地震で笠間も大きな被害があったと報道されていますが、
負けじと復興への第一歩を踏み出した街を祝福するかのようです。

その笠間を応援したくて、ブレインカフェ女子3人組は駆けつけました。
またニッポンのワザドットコムで取材させていただいた、
陶芸家のお三方にもお会いしたく、会場をくまなく歩き回りました。

最初にお邪魔したのは、額賀章夫さん(110番)のブース。
お店は大盛況でどんどん商品が売れて行っている様子です。
取材時にばたばたしていて買えなかった、しのぎの器「プリーツ」。
今回、やっと手にすることがかないました。
額賀さんの陶房も大変な被害を受けられたことをブログで知り、
状況をうかがったのですが、ご自分よりも他の方の窯を心配されていました。。。
額賀さんとお話ししている時に、お客様で長身の美しい女性とも
親しくお話しさせていただいたのですが、後から同行した弊社のAさんに、
誰だか知っていて話していたの?と聞かれ「??????」。
美しい女性は坂本九さんのご令嬢、大島花子さんだったそう(汗)。

次におじゃましたのは、武内雅之さん(75番)のブース。
奥様も陶芸家でいらっしゃいます。ご挨拶をしてお話をしていたら、
まぁ珈琲でも飲んでいってください、と取材の時のような展開に。
取材時にもお腹をすかせた私たちにピザを焼いてくださったり、
あたたかくしていただいたのですが、今回もすっかりお言葉に甘えて、
ごちそうになってしまいました。いつも、有り難うございます。
そこで偶然お会いしたのが「たんぽぽ保育園」の設計をされた方。
短い時間でしたが、楽しくお話しさせていただきました。
茨城の洋菓子屋さんシュールのアーモンドケーキも、美味しかった。。
ごちそうさまでした。

途中、福島県の伝統工芸品「相馬焼」のブースがあり、立ち寄りました。
「相馬焼」は地震もそうですが、原発の問題で今後が心配される伝産品。
お店の方ともちょっとお話をしましたが、店の奥でカメラが回っており、
ケーブルテレビかな?と思っていたら、後からカメラマンさんが挨拶にいらして、
明後日の日本テレビの「鉄腕ダッシュ村」で使うかもしれないとのこと。
おお、そういうことなら、あの奥にいらした方は「秋男さん」。
と、そんな出会いもあり。。。とにかく福島県にも、
一日も早く平穏な日々が訪れることを願うばかりです。。。

笠間は個性的な作家さんが多いので、ブースをひとつ一つ見て歩くのが、
とても楽しいです。今回特に「いいっ!!」と思ったのが佐藤陶房さん(186番)。
暫くここのブースから離れられなくなりました。。

IMG_3118_convert_20110429220120.jpg
佐藤陶房さんの作品。大皿も素敵でした。

さて、次は会場を後にして、芸術の森公園入り口近くの「かしゃま文化会館」へ。
「かしゃま文化会館」は古い汽車をカフェに改造したおしゃれな空間。
小さな店舗スペースもあります。そこにいらっしゃったのが、
2年前にブレインカフェが研修で作陶を体験させていただいた、
笠間焼の元祖「久野陶園」十四代目、慶子さん。
「久野陶園」の登り窯も、大変な被害を受けたとのことです。
慶子さんの作品は、色がとても自然で優しくて好きです。
以前陶房にお邪魔した時に見た、陶器の湯たんぽがどうしても欲しくて、
「ぜひお願いします」と制作をお頼みしてきました。
使わない季節は一輪挿しとして使える素敵な湯たんぽ。。待ってます。。

IMG_3119_convert_20110429220154.jpg
チャイをいただきましたが、美味しかった!!

さて、最後は笠間稲荷へ。
訪れてみて、なんか違和感があるなと思ったら、鳥居が無い。
地震で倒れたとのことで、土台だけが無惨に残されていました。

201104291622000_convert_20110429220341.jpg
何か足りないと思ったら鳥居が。。

IMG_3123_convert_20110429220225.jpg
鳥居の土台が残されていました。。

地震の爪痕はまだ生々しくはありましたが、
お会いした陶芸家のみなさん、眼差しに力がありました。
逆に私たち元気をいただいたかもしれません。

それにしても時間がいくらあっても足りない、というほど楽しいお祭りです。
応援という意味だけでなく、行けば必ず満足して帰ること請け合い。
ぜひ、お出かけください。おすすめです。

IMG_3126_convert_20110429220300.jpg
5人の陶芸家の作品なのに、こうしてみると私の好みがはっきり出ていますね。。。
奥の蕎麦猪口と手塩皿が額賀章夫さんの作品。長皿が佐藤陶房さん。
手前の右が武内雅之さんの高杯。いっちん技法で兎が描かれています。
手前の左は岡田和(かのう)さんの徳利。会社で一輪挿しに使わせていただきます。
焼き締めがカッコいいですね。岡田さんは細密画をほどこした作品が主体。
こちらも驚愕の美しさでした。57番ブースです。
スポンサーサイト
2011.04.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hibikorekoujitsublog.blog101.fc2.com/tb.php/215-2bd09426
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。