広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
柳家三三独演会「春」
なかのZERO小ホール
2011年4月19日

平日の落語会ですが、
行きませんか、とお誘いくださったのは経営者です。
経営者と経営者。平日に落語。。ううーむ。
ま、落語が終わった後は業界の情報交換など致しましたが。
ま、飲みながらですが。。

お誘いくださった経営者は、三三さん、家緑さん、談春さん、
志の輔さん、昇太さん、喬太郎さんとチェックしている噺家さんが多いので、
大変そうです。特に談春さんのアナザーワールド、という
レアなネタを演る会は平日の成城学園という、
ビジネスマンにはなかなか厳しいシチュエーションなので、
チケットをとってもなかなか行けないのだそうです。

レアな、といえば、この噺がレアかどうかは知りませんが、
今日は二席、初めての噺を聞きました。
「看板のピン」と「おしくら」。
この二席も得した気分で聞きましたが、最後の「文違い」では、
「よしじろう」が忘れて行った女からの手紙を
読んでしまった「おすぎ」が、かんしゃく起こして
手紙を放るところでハプニング。
手紙に見立てた扇子が高座から転落。あれあれどうするのかな、
と心配していたら、涼しいお顔で手ぬぐいを手紙に。
緞帳が下がると、舞台に残された扇子が。手が出るかな、
と思って見ていると舞台そでから三三さんが現れて、
みなさんお忘れ物、落とし物に気をつけてお帰りください、
なんて洒落の効いたことをおっしゃってお見送り。
三三さんでもこんなことがあるのかと、微笑ましい出来事に遭遇し、
これまた得した気分でした。

さて平日の落語は一ヶ月に一回まで、と決めよう。

柳亭市楽 / 七段目
柳家三三 / 看板のピン おしくら 文違い

※会が終わったロビーにネタが貼り出されましたが、
「おしくら」が「おしっくら」、「看板のピン」が「看板の一」と
書かれていました。前にもなかのZEROで百栄さんの「桃太郎後日譚」が
「後日の譚」となっていたような気が。。私、間違えて覚えていました。。
主催者発表でも間違うことはあるみたいなので、一応、調べて(ネットですが)
「看板のピン」と「おしくら」にしてみました。
あってるかどうか保証はいたしませんが。。。
スポンサーサイト
2011.04.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hibikorekoujitsublog.blog101.fc2.com/tb.php/212-b56981fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。