広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
最近ある方から、経営者としてのブログが少ないね、とご指摘をいただきました。
そう、落語の記録が多い。
人によっては、私が熱心に落語に通うのは、
席亭になろうとしているからだ、と勘違いしていることも。
いえいえ、落語は気分転換。
ぼんやり聴いているので、ちっとも「落ち」を覚えられないし、
「○○の型ね」なんて通っぽいことも分かりません。
念のため。

さて、本業に役立つ(かな?)勉強会へ行ってきました。

先日、広告プロダクションの事業承継の一つのあり方として、
M&A、Merger(合併)とAcquisition(買収)もある、と知りました。
先日はその実践版。実際にM&Aで事業承継を
果たした方のお話を伺ってきました。
赤裸々なお話を聞いてきましたが、赤裸裸ゆえ割愛します。

M&Aにもいろいろありますが、株式譲渡のケース。
しかもファンドに譲渡したとのことでした。
広告制作プロダクションでも、そういう道があるのかと驚きました。

一般的な手順は、
1.M&Aを媒介してくれるパートナーを捜す
2.守秘義務契約を結ぶ
3.アドバイザリー契約を結ぶ
4.買い手候補先を提示してもらう
5.買い手候補先へノーネームで案内
6.買い手候補先と守秘義務契約締結
7.面談
8.基本合意書の締結と独占交渉
9.デューデリジェンス
10.契約
11.売買実施
となるようです。

短くて3年はかかる、らしいです。

一応、これは一般教養として受け止めています。
相変わらず弊社の事業承継については、白紙の状態。
まぁ、まだまだ私の目の黒いうちっていうのは続くと、
勝手に考えていますので。。。

スポンサーサイト
2011.03.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hibikorekoujitsublog.blog101.fc2.com/tb.php/188-9ab4da77
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。