広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
猿之助四十八撰の内
於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)
お染の七役

市川 亀治郎 / お染 / 久松 / 竹川 / 小糸 / 土手のお六 / 貞昌 / お光
市川 染五郎 / 鬼門の喜兵衛
坂東 亀三郎 / 髪結亀吉
中村 亀 鶴 / 船頭長吉
澤村 宗之助 / 油屋多三郎
市川 笑 也 / 女猿廻しお作
市川 門之助 / 庵崎久作
坂東 秀 調 / 油屋太郎七
大谷 友右衛門 / 山家屋清兵衛

亀治郎さんは、大河ドラマに出る直前、
歌舞伎座で偶然隣り合った女性に「すごく才能のある方なんです」と
教えられてから注目するようになりました。
武田信玄のイメージが強い人も多いようですが、
利発な武家の娘、年増を演じても、
「よく捉えているなぁ」と関心するほどお上手です。

早替わりも見所でしたが、
さまざまな年齢、身分の女性をどう演じ分けるかも、
見所の演目でした。

猿之助さんの芸を誰が継いで行くのか。。
義経千本桜に海老蔵さんが挑んだとき、ああ、
それもありだな、と思いましたが、
今日は「おもだかや」のDNAみたいなものを感じました。

まだお若く、柔らかさは、
これからどんどん出てくるのでしょうが。
いい役者さんで、これからが楽しみです。
スポンサーサイト
2011.02.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hibikorekoujitsublog.blog101.fc2.com/tb.php/157-78cea269
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。