広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
桃月庵白酒独演会 喝采
道楽亭一周年記念四夜連続落語会
“今宵はあなたと”第二夜
2月11日

完売御礼だそうです。
週刊誌でいま最もチケットが取りにくい、、
と評されたと噂の白酒師匠の独演会。
新宿辺りに物騒な噂が流れる雪の晩、
いそいそと出かけて参りました。

三席のうちのひとつ、
「万病円(まんびょうえん)」は初めて聴く噺。
一緒に行ったAさんが、「いやいや、一緒に聴いた」と
言うのでにわかに不安に。。
もともと記憶力がよくないのですが、
せっかく聴いた噺をすっかり忘れてしまうことがもったいなく、
2008年から落語を聴いた日付と噺家さんと演目を
黒革の手帳につけることにしています。

ときどき見返すと、えっ!?こんな噺聴いていたっけ??
と驚くことも。
でも手帳を見なくても、あの噺、もう一度聴きたいな、
と思うことも。

白酒師匠の「転宅」はもう一度聴いてみたいです。
昇太師匠の「壷算」、林家染丸「天下一浮かれの屑より」、
春団治「いかけや」も、もう一度と願う噺。
円楽(先代)「豊志賀の死」はもう叶わないけど、
こんな「豊志賀」もあるのかと吃驚した噺。

さて、三席目で大汗をかいておられた白酒師匠は、
体調がよろしくなかったそうで、、、。
お風邪でしょうか、お大事に。。

そうそう「万病円」は友人の記憶違いで、
やはり私は初めて聴く噺だったようです。

桃月庵白酒
万病円
付き馬
二番煎じ
スポンサーサイト
2011.02.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hibikorekoujitsublog.blog101.fc2.com/tb.php/156-71c3144e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。