広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「司 風車 ふたり会」
(三遊亭 司 / 鈴々舎風車)
7月25日(日)
池袋演芸場(池袋西口)

休日の宇都宮取材の後、駆けつけました。
池袋演芸場は、久しぶり。
まずまずの入り。しかも若い噺家さんだからか、
観客も若くて、場内いつもより明るい感じ。

林家はな平
「たがや」
鈴々舎風車
「くしゃみ講釈」「茶金」
三遊亭 司
「片棒」「湯屋番」

風車さんも司さんも二ツ目さんですが、なかなかお上手です。
二ツ目から真打ちまでの間って、どんどん乗ってくるのが
素人のこちらにも伝わってくるので、その勢いを感じるのも
楽しみのひとつです。

司さんは、桂三木助、三遊亭歌司の二人の師匠を持つそう。
ずっと昔に「三木助の芝浜」を上野の鈴本で聴きました。
その時がはじめての「芝浜」でしたが、後々いろいろな噺家さんの
「芝浜」を聴くにつけ、それぞれ語りにも個性があるし、
登場人物の解釈、描き方もさまざまだと分かってきました。
振り返って「三木助の芝浜」を思い出すと、淡々としていたな、と。
おそらく淡々と話すことで、聴く側の経験、想像力が
百人百様の「芝浜」を生み出す、その狙いなのではないかと。
まぁ、わかりませんが。

司さんの噺を聴いていて思い出したのは、三木助の淡々とした語り。
「淡々」という表現より「抑えめ」とかの方がよいかも。

抱腹絶倒、高座で大暴れ的な若手も「元気があってよろしい」だけど、
司さんのスタイルは、私としては好感度高いです。

一方で、桃月庵白酒さんの「もう、笑わすのやめてー。おなかが痛い-。」
の抱腹絶倒も大好きなんですが。

山も美しい、海も美しい。
個性があるというのは、それだけで人を惹きつけるのかも知れないですが。

そうそう、
「湯屋番」では若旦那が番台から転げ落ちる様を、大音声の横でんぐり返りで熱演。
二席目で袴に着替えて出てきたのは、このためだったのですね。
こういう工夫は初めてだったので、驚きましたが、やるならあのくらいやらないと。
中途半端はいけませんね。私はよかったと思いますね。あの工夫。

確か、上方の林家染丸さんで「天下一浮かれの屑より」を聴いたとき、というより
観たときといった方が的確かな、高座を自由に動き回りでんぐり返りもしていたような。
あれは、自由なんだけど、独特の美意識で制御された動きで芸のすごさに圧倒されました。
ちょっと、そんなことを思い出しました。

それにしても、司さんの着物はセンス抜群。
どこであつらえているのでしょうか???????



スポンサーサイト
2010.07.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hibikorekoujitsublog.blog101.fc2.com/tb.php/14-04d222ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。