広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
情報交換のために、知人のOさんが来社されました。

2008年4月から一年間、経営を学ぶために
法政大学大学院 イノベーション・マネジメント専攻」へ
通っていたのですが、その時の同級生です。
現在は、ある紙媒体のお仕事をなさっています。

インターネット広告をはじめ、
電子書籍、電子カタログ、iPad、、、などなど
紙媒体が今後、衰退していきそうな不安を覚えるメディアが
相次いで誕生しています。

「有機ELディスプレイ」なども、生活を一変させそうなメディアとなりそうです。
今日の情報交換の主役は、「電子ペーパー」。
「電子ペーパー」という言葉は耳にしたことがありましたが、
Oさんの話を聞くまでは、「有機ELディスプレイ」と同じようなものだと思っていました。

開発しているブリヂストンによると、
「有機ELディスプレイ」が動画や写真を表示することを目的とした“視るディスプレイ”だとすると、
電子ペーパー」は、主に静止画を表示する“読むディスプレイ”なのだそう。
表示の書き換えをする時以外は電力を使わず、画面を保持することができたり、
直射日光下でも読みやすかったりという特長があるということで、
日経新聞の「web刊」なんかは、PCやiPadよりも、
適したメディアになるのかもしれません。
ブリヂストンのホームページでは、日常生活でどのように
「電子ペーパー」が提案されるかも解説していますので、
詳しくはどうぞ、こちらをご覧ください。

未来は、楽しみでもあり、恐ろしくもあり。

紙媒体を主とする広告制作プロダクションとして、
考えなければいけないことが、また増えました。。。。

知人が差し入れてくれたお菓子が、社員に大好評。
千葉県八千代市の「菓思巧房 白妙」さんです。

お近くの方は、ぜひお試しください。

Oさん、ごちそうさまでした。


スポンサーサイト
2010.07.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hibikorekoujitsublog.blog101.fc2.com/tb.php/10-bc317b5e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。