広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
仕事は人生のなかで、
多くの時間を費やすものだから、
その中で自分の存在意義を
確かに感じられるものを選択したい。
by 私

だけれども、就職しようという段、
みんな、いくつの職業を知っていて
自分の進むべき道を決めるというのだ。
。。。と問題意識を抱き、幅広い職業教育が
あるいは職業についての情報提供が必要だと感じ、
特に、現代社会ではマイノリティになった
職人という生き方に我々はスポットライトを当てよう、
。。。と立ち上げたのがニッポンのワザドットコム。

サイトの運営だけでなく、
あんなことも、こんなこともやっていきたい。。
だけれども、私たちのできることは限られている。。。

そんな葛藤、自問自答を繰り返していたけれど、
この事業が現実のものとなると聞いたとき、
私は本気で万歳しました(心の中で)。

アウトオブキッザニア。

ニッポンのものづくりを支える墨田区で、
屏風職人
バッグ職人
切子職人
モダン和紙アート
革作家
時計職人
金属加工でモノ作り
革つなぎ職人
の体験を「JTB旅いく×キッザニア」が提供します。

予約はすでにスタート。
受け入れ開始は8/1より。

職人という生き方を、多くの子どもたちに知ってほしいです。
いろんな意味で。

詳しくは、
墨田区のウェブサイト
お申し込みは、
JTBのホームページへ。

スポンサーサイト
2012.07.10 / Top↑
汐留のパークホテル東京にて、
「職人という生き方展vol.5 江戸切子」が昨日から始まりました。
昨年の同時期、芝パークホテルにてやはり「江戸切子」をテーマに
展示をいたしましたが、今回は前回は並ばなかったお品も展示しています。

なかなか、いいセレクト!!

ため息、もれます。

帯留をつくってくださっている高野秀徳さんの、
第23回江戸切子新作展、経済産業省製造産業局長受賞作品、
「波浪」も展示させていただいております。

9/30までの展示です。
ぜひお運びを。

余談ですが、
小林淑郎さんのロックグラス_魚子をビジュアルにしたポスターが、
なかなか格好良くできました。大きな美術館のポスターみたい。
職人の仕事の素晴らしさをしみじみ感じさせてくれます。

会期中には、8/19(日)のBon Bon Marcheへの出店(お楽しみ)、
9/12(水)15:15〜の職人さんを招いてのトークショーなど
江戸切子づくしのイベントも計画中。

あれも、これも。
ぜひ遊びにいらしてください。

こちらが、ポスター!!
DCIM0164_convert_20120703144956.jpg
「職人という生き方展vol.5 江戸切子」の詳しい情報は、
下記のニッポンのワザドットコムURLをご覧ください。
http://www.nipponnowaza.com/com/kokuchi_kiriko.html
2012.07.03 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。