広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
六月大歌舞伎。観てきました。

メディアでは、歌舞伎役者になった香川照之を
大きく報道していますが、それも注目だけど、
亀治郎が猿之助を襲名する、というのが凄いこと。
そして個人的には、子ギツネかわいや、
大好きな義経千本桜で「川連法眼館の場」を観られること。
これはもう万難排して行くべし、と思ったのですが、
いやはやチケット取るの苦労しました。

来月も猿翁の姿が見たくて行きたいけど、無理かなぁ。。

新・猿之助の小ギツネ。よかったです。
若手だと海老蔵、右近で観ましたが、
新・猿之助の小ギツネは、動物の仕草が
「そうそう、あんな感じ」と共感できたし、
宙乗りで嬉々として去って行く様も、かわいくて
ずっと笑顔で見送ってしまいました。

小栗栖の長兵衛の中車(香川さん)も、もちろん良かったです。
この方は何をやっても上手いですね。
個人的には型の連続、錦絵の連続が歌舞伎の真骨頂、
と思っているので、次回はそちらのかっこ良さ、
美しさで魅了されたいな、と思いました。

それにしても、贅沢な顔合わせ、演目でした。

一、小栗栖の長兵衛(おぐるすのちょうべえ)

長兵衛 / 中車
馬士弥太八 / 右 近
妹おいね / 笑三郎
堀尾茂助 / 月乃助
猟人伝蔵 / 弘太郎
父長九郎 / 寿 猿
巫女小鈴 / 春 猿
僧法善 / 猿 弥
七之助 / 門之助

二、口上

猿之助改め猿 翁
亀治郎改め猿之助
中 車
初舞台團子


三、三代猿之助 四十八撰の内 義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
  川連法眼館の場
  市川猿之助宙乗り狐六法相勤め申し候

佐藤忠信・忠信実は源九郎狐 / 亀治郎改め猿之助
駿河次郎 / 門之助
亀井六郎 / 右 近
飛鳥 / 竹三郎
川連法眼 / 段四郎
静御前 / 秀太郎
源義経 / 藤十郎
スポンサーサイト
2012.06.19 / Top↑
6月16日(土)、17日(日)と、
群馬県の倉渕へ「農業と養蚕」の体験旅行へ行ってきました。

この旅の主催者は、ニッポンのワザドットコムでも
以前取材した「おかいこステーション」。
きものスタイリストの石田節子さんがプロデュースした
絹の文化に触れられる施設です。
昨年のグランドオープンから時が経ち、
「おかいこステーション」の活動は
「本格的な養蚕」→「倉渕の絹をつかった商品製作&販売」へと発展しています。
その立役者が石田さんのご主人で能楽師の長谷川晴彦さん。
能楽師としての長谷川さんの活動も、
以前ニッポンのワザドットコムでご紹介しています。

今年の3月に長谷川さんから、
倉渕に桑の木を1800本植える、との情報をいただき、
「早く桑畑を見に行きたい」「おかいこさんに会いたい」と
思いを募らせていたのですが、ようやく実現した次第です。

14時に高崎駅へ到着。
長谷川さん運転の「おかいこステーション」号に乗り込んで
まずは、桑畑へ。

桑の木はほっておくと、大木に成長するのだそう。
だから丸坊主にしてしまうんですね。新芽はまさに若葉色。
おかいこさんでなくても、美味しそうーと感じる色。
桑の苗は植えてから3年は待たないとおかいこさんの
ご飯にはならないのだそうです。
IMG_3605_convert_20120618195038.jpg
桑の実。副産物もジャムとか、何か有効利用したいもの。
IMG_3607_convert_20120618195104.jpg
雨の中、ご案内いただきました。
IMG_3610_convert_20120618195204.jpg
次に向かったのが、おかいこさんのいるハウス。
IMG_3611_convert_20120618195223.jpg
こうしてみるとマンションみたい。仕切りに入らずに繭になったものも。
そのこたちは、後ほどご紹介するシルクの化粧水になりました。。
IMG_3614_convert_20120618195243.jpg
まだ繭になっていないおかいこさんに、新鮮な桑の葉をあげました。
しゃかしゃか、とはむ音がします。
IMG_3616_convert_20120618195304.jpg
養蚕見学の後は「おかいこステーション」の「桑茶カフェ」へ。
IMG_3617_convert_20120618195320.jpg
こんなカフェ。眺めがいい!! 雰囲気いい!! ご飯が美味しい!!
IMG_3643_convert_20120618195625.jpg
スリッパもかわいい!!
IMG_3618_convert_20120618195357.jpg
夜は倉渕で野菜をつくっている方も加わり、バーベキュー大会。
倉渕は新規就農を支援する人、仕組み、施設が充実しており、
この日も中心となっている支援する人、新規就農者の方が集まりました。
新規就農者のお一方がバイオリン(Fiddle?)を携えていらっしゃり、
ケルト音楽を披露。素晴らしい演奏を堪能しました。
セロ弾きのゴーシュみたい!!
IMG_3623_convert_20120618195433.jpg
野菜はほとんど、農家から持ち込まれたもの。とにかく美味しい。
カフェは夏季限定で再開するそうです。美味しすぎて写真撮るのを
忘れていたのでほとんど皿が空になってます。。
IMG_3619_convert_20120618195415.jpg

翌朝。朝露の残るなか、昨日バイオリンを披露してくださった
Mさんのレタス畑へ。都内のスーパーへ出荷するレタスの収穫、
荷詰め作業をお手伝い(お邪魔?)しました。
IMG_3634_convert_20120618195457.jpg
ズッキーニ畑も見学。
IMG_3641_convert_20120618203115.jpg
次にもうひとかたの新規就農者Mさんの畑へ。こちらは、
これから何を植えようかと思案しているところだそうです。
もとは「うど」畑だったところを借り受けて、開墾。これが苦労したそう。
下の写真は掘り起こされた「うど」。茶色いのが根。頑強な根です。
IMG_3638_convert_20120618195538.jpg
就農者必需品の軽トラ。
IMG_3637_convert_20120618195518.jpg
桑茶カフェに戻ってランチ。倉渕のキャベツをつかったサラダとスープ。
ビーフカレーにデザートのアイスは桑茶のアイス。
IMG_3644_convert_20120618195645.jpg
IMG_3645_convert_20120618195703.jpg
IMG_3646_convert_20120618195725.jpg
そして最後にシルク化粧水づくりを体験。
繭をきれいにして、半分に割り、さなぎを取り出し水洗い。
あとはザクリ用のストーブで40分精製水で煮出す!!
最後にグリセリンを加えてできあがり。
夜使ってみましたが、クリーム無しだったけどしっとり。
これ、いいかもしれません。
IMG_3649_convert_20120618195746.jpg
IMG_3650_convert_20120618195804.jpg
IMG_3652_convert_20120618195825.jpg
IMG_3654_convert_20120618195843.jpg

いやいや、盛りだくさんの体験旅行でした。
そして毎回感じるのは、「人」のパワー。
つなぐ人、あつまる人がいなければ、どんな仕組みも
どんな施設も用をなさない。
倉渕の人々に出逢って、これから倉渕はどんどん面白い村に
なっていくのではないかと思いました。

このような企画は、今後も続けて行くそうです。

次回は7/28(土)、29(日)の予定。

詳しくはニッポンのワザドットコムでもお知らせいたしますので、
どうぞご注目ください。



2012.06.18 / Top↑
少し時間が開いてしまいましたが。。

5/29(火)15時半より、
汐留のパークホテル東京にて開催しました、
書籍「職人という生き方 駿河竹千筋細工」
発刊&企画展記念トークショーへお運びくださいました
皆々様。ありがとうございました。

至らない点。。
多々ありました。

なぜ、平日の昼間なのだ。
と、お叱りの言葉もいただきました。。

次回は、もっとよい会にしたいと思います。
どうぞ末永くお付き合いくださいませ。

。。しかし、手前味噌ですが、
面白い会だったと思います。

駿河竹千筋細工の工房、
みやび行燈製作所さんにとって、
百貨店での実演、販売経験はあるものの、
トークショーへの参加、ホテル空間での実演は
初めてのことだそうです。
普段の百貨店ではお会いできないお客さまに
駿河竹千筋細工を知っていただけたこと、
また最近の潮流である、
職人自らが市場を開拓する現実を知っていただけたことは、
みやび行燈製作所、お客さま双方にとって
良かったのではないかと思っております。

以下、当日の様子をご覧ください。。。

パークホテル東京の大空間が会場。写真にはありませんが、
上方の天窓から自然光が降り注ぐ中でのトークショーでした。
DSCF5624_convert_20120604192605.jpg

みやび行燈製作所の三男さん、杉山茂靖さんにゲストスピーカーとして
ご参加いただきました。後ろの屏風は北斎の「赤富士」。墨田区の
片岡屏風店さまにご協力いただきました。。。そのココロは、
「どちらも駿河の誇りです」。なんちゃって。手前のテーブルに乗っているのが、
ノンアルコールの「Bamboo Leaf」カクテルです。大好評でした。
DSCF5632_convert_20120604192746.jpg

ナビゲーターは山櫻 広報室の内田さま(写真右)にお願いいたしました。
内田さまは日本デザインマネジメント協会 総合研究所幹事でもいらっしゃいます。
写真左がニッポンのワザドットコム編集長の鈴木です。
DSCF5631_convert_20120604192723.jpg

トークショーのために特別に、手提げ籠「葵」を用意していただきました。
みやび行燈製作所ではあまり在庫をもたないそうで、少々無理をお願いしました。
DSCF5608_convert_20120604192430.jpg

創業90年の老舗「ヤギセイ」が立ち上げた、大人の浴衣ブランド「Karin」を
ご紹介するコーナーも設けました。
DSCF5620_convert_20120604192521.jpg
色鮮やかな「Karin」の浴衣。ヤギセイのお二人にお願いして、トークショーの途中で
手提げ籠「葵」と手提げ籠「小町」を手に持っていただきました。ありがとうございます。
DSCF5622_convert_20120604192637.jpg

トークショーの前日5/28から6/8まで、パークホテル東京で「竹灯り」展も開催しています。
この写真の屏風は5/28、29のみの展示でしたが、駿河竹千筋細工のワザ、
みやび行燈製作所のワザが遺憾なく発揮された素晴らしいお品でした。
DSCF5609_convert_20120604192454.jpg

実演風景。画期的です。このラグジュアリー大空間での実演!!
皆さんじっくりご覧になっていました。外国人宿泊者も興味深げに見入ってました。
DSCF5643_convert_20120604192824.jpg

それにしても、キムタクに似ている。。。
イケメン職人としてブレイクするのではないか、と勝手ながら思っています。
DSCF5642_convert_20120604192806.jpg
2012.06.04 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。