広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
興味のあるテーマで、
セミナーやシンポジウムなど学ぶ機会があれば、
可能な限り出かけて行くようにしています。

今日は東京商工会議所 荒川支部主催のシンポジウムに参加してきました。
テーマは事業承継。
当たり前ですが、事業承継をした経験はないので、
その全容を知っておきたいし、どんな選択肢があるのか、
また備えるべきことで大事なことは何か、など具体的にしていく時の
ポイントを押さえておき、いざというとき正しい判断をしたいと思っています。

今日のシンポジウムは二部制で、
第一部は、株式会社国際後継者フォーラムの代表、二条彪氏の基調講演。
第二部は、パネルディスカッション。

会場は広く、たくさんの聴衆がいましたが、
さすが東京商工会議所の勉強会らしく、生々しい「実」のある話を伺えました。
アカデミックな場での勉強会もためにはなるのですが、
「共感」はこういう、ある意味泥臭さのある勉強会の方があります。
二条彪氏の講演のなかでも、
・経営者に必要な力は「修正する力」、それは「アイデア」と「勇気」だ。
・経営が理論通りにいかないのは事業が人と人との営みだから。
・経営者が最終的に身につけるべき能力は「勘」である。
など、ビジネススクールで聞くことはないだろう言葉がいくつもありました。

事業承継はテーマとしては幅が広いので、
1、2回の勉強会へ参加したくらいでは分からないです。
しかし、今回気づいたのは、事業承継のタイミングは突然やってくることがある、ということ。
シンポジウムの中でも突然先代が他界した、というケースがいくつも出てきました。

すぐに手を打つべきところはやっておかないと、
万が一が起きた時に残されたものに難儀をさせるのだな。。

東京商工会議所 荒川支部で「事業承継スタートライン」という
小冊子を作成しており、本日いただいたので、早速読んでみることにします。



スポンサーサイト
2011.11.28 / Top↑
11月26(土)は三の酉でした。

例年、一時間近く寒空の下、並ばないと浅草鷲神社に入れません。

そこで、ちょうど前日の11/25(金)に飲み会が入っていたので、
その帰り道に鷲神社に向かい、23時15分から始まっているという
「宵の宮」を見物して24時からスタートする三の酉に詣でてみることに。
土曜日の三の酉だし、わざわざ深夜から並ぶ人は多くないだろう。。
という予測をAさんと立てて行ったのですが、三ノ輪からのアプローチ、
まったく並ぶことなく入れてしまいました。

ラッキー(^。^)
と思っていたのですが、27(日)に会った友人の話によると、
26(土)16時に行ったところ、入谷からのアプローチは列なしていたけれど、
やはり三ノ輪からのアプローチはすんなりと入れたそう。

うーん。
不景気だった去年も一昨年も、大変なにぎわいだったのに。
今年のこの人出はどう考えるべきなのでしょうか。
震災後の自粛ムードが続いているということなのでしょうか。
今年は年賀状の文面にも気を配りたい、と考えている人が多いそうですが。。。

ブレインカフェのほうは
「守りに入らず攻める」の姿勢を変えず、
熊手も去年より少し大きくしました。
素材も紙から縮緬にしてあたたかく。

気持ち新たに、
良い仕事をして、結果を出して行きたいと思います。

ご祈祷中?
このシーンも初めて見ました
201111260006000_convert_20111128210304.jpg

今年も「八百敏」さんの熊手。
縮緬素材がやさしい雰囲気
201111281255000_convert_20111128210331.jpg



2011.11.28 / Top↑
去年の春のこと。
いつものように出社して日経新聞を読んでいたとき、
「あ、これは、いい広告だな」と手を止めた広告があった。
東芝が創業事業の「一般白熱電球製造を中止する」ことを
知らせる広告。工場で止まった機械装置に、深々と
頭を下げる技術者を全30段で表現した広告は、久々に
うーーんとうならされた。
低価格をうたう、チラシのような広告が多かった時期だから、
新聞広告らしい、インテリジェンスのある広告との出会いも、
とても嬉しかった。
http://www.toshiba.co.jp/lighting/jp/ad/index_j.htm

その、東芝 広告部の方から、当時の広告制作現場、
広告掲載後のマーケットの変化をうかがえる機会をいただきました。
OAC(日本広告制作協会)の経営部会主催の勉強会。

詳しい話は割愛しますが、現場の臨場感とともに、
広告部のチームワーク、企業文化が垣間見えて、大変勉強になりました。
その中に、広告アイデアのプレゼンを
トップに直接行なった時のお話が出てくるのですが、
恐らく多くの大企業で稟議、根回し、という手続きが
機動力を奪っている(想像する)なかで、
いい企業文化が残っているなぁ、としみじみ感動。

広告の仕事に携わることの醍醐味を、再確認した勉強会でした。
2011.11.25 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。