広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
nonnchii

家の仕事が終わり、やはり寄席へ。
02-27 16:07

スポンサーサイト
2011.02.28 / Top↑
上野鈴本2月下席 夜の部
2月27日

日曜日。
家の用事が3時に終了したところで、物足りない気持ち。
先週に引き続き、上野鈴本で笑ってこようと思い立ち出かけてきました。

女性の噺家さんは、テレビの影響で増えているそう。
ただ、声の高さが気になって、あまり好きではありませんでした。
ところが今回初めて聴いた、古今亭ちよりんさんと、古今亭菊千代さん。
違和感なかったなぁ。驚きました。

古今亭菊志ん師匠は、私の探し人だったかも。
随分前に朝日名人会で「強情灸」を演った方を探していたのだけど、
菊志ん師匠だったかも、、、といった出会いもあり。
やはり寄席はいいですね。

今回は若手が多かったのですが、金馬師匠はご高齢なのに芸が衰えない。
改めて、すごいなぁと思った次第。

古今亭ちよりん / 花色木綿
翁家勝丸 / 太神楽曲芸
古今亭菊志ん / 権助提灯
春風亭一朝 / 岸柳島
ダーク広和 / 奇術
古今亭菊千代 / 転失気
三遊亭金馬 / ちりとてちん
ホンキートンク / 漫才
柳亭燕路 / 長命
三遊亭小円歌 / 三味線漫談
古今亭駿菊 / 妾馬
2011.02.27 / Top↑
出会いと別れの季節が、そろそろ本格化します。

先週の月曜日、出社するとデスクの上に紙包みが。
みると全員のデスクに同じ物があります。

小さなメッセージカードは、2月末日でブレインカフェを去る、
コピーライターのKくんから。
包みの中身はKくんの故郷、福岡のお菓子詰め合わせ。
思い返せば3年前、ブレインカフェのブログを見て、
彼は福岡からブレインカフェの門を叩きにやってきました。
面接の日は大風が吹いており、飛行機でやってくるというKくんが
無事到着するのか、やきもきしたことを思い出します。
経験はなかったけれども、その熱意を買って採用しました。
思った通りの頑張りやさんで、3年間で大きく成長したKくん。
新しいステージに挑戦する、というまた前向きな理由で、
土曜日の晩、福岡へ飛び立って行きました。

ブレインカフェは、9年前に樋口事務所という
広告制作プロダクションにいた同僚3人で始めた会社です。
同業からの独立はもめることもあると聞きますが、
樋口事務所は、気持ちよく私たちを送り出してくれました。
育てた人材が去って行くのは個人的にも淋しいし、
会社としても損失といえます。
Kくんとの別れも正直、悲喜こもごもですが、
樋口事務所の大きさを学び、固い握手で送り出しました。

9年の間、何人も送り出したなぁ。。
縁があれば外に出て大きくなった子の、出戻りもありかと。

Kくんは、仕事の段取りが完璧でした。
仕事も速かった。。

本格的な別れの季節がくる前に去るなんて、
段取り上手のKくんらしいですね。


ありがとう。元気でね。
DSCF4180_convert_20110223200807.jpg


2011.02.27 / Top↑
nonnchii

あきらめて帰るなう。
02-26 18:07

2011.02.27 / Top↑
nonnchii

いえーい( ´∀`) http://photozou.jp/photo/show/1140630/69378969
02-25 21:35

タリーズの帰り道。紫陽花の新芽がもうこんなに。六月に花咲かす 準備がもう始まっているんだねぇ http://photozou.jp/photo/show/1140630/69347044
02-25 16:52

辛卯、かのとう。干支って深く知ろうと思ったことなかったけど、「この年には・・・」なんて解説を読むと、「ふふん、なるほど」と今世界中で起こっていることが読み解ける気がしてくるから不思議だ。
02-25 16:01

母親から誕生日おめでとうの派手なデコメール。どこで覚えたんだろう女子高生のような技。
02-25 13:07

お弁当生活復活。ただしせっかく修繕した弁当箱を持ち帰るのを忘 れてしまい、井川メンパに。サザエさんかい( ´`) http://photozou.jp/photo/show/1140630/69322851
02-25 13:01

今宵は歓送迎会。あんど誕生会。突然電気が消えて、ケーキとともにブレインカフェ聖歌隊が入場するのがいつものオフィスでのパターン。今日は、お店の人にお願いするのかなぁ。
02-25 11:26

... 続きを読む
2011.02.26 / Top↑
昨日、会社に小包が届きました。

能登の国からはるばるとやってきた小包。
あけてみたら、ぐいっと力強く飲み干す姿が似合いそうな、杯と高坏。
差出人は東龍知右門さん。毎度お気遣いいただき、有り難い限りです。
早速、今宵の宴で、ぐいっといかせていただきます。

ニッポンのワザドットコムの取材で、全国へ出かけます。

たくさんの方にお会いするので、名刺が恐るべきスピードでなくなります。
一年間に100枚以上使ったので、100人以上の方とお会いしていることになります。
もちろん、ブレインカフェの既存事業である、広告制作の仕事でお会いしている方にも
お渡ししているのですが、昨年はこれまでの比でないほど名刺を刷り増ししました。

こうしてお会いした方と、その場限りのお付き合いにならないのが嬉しいです。
点だった関係が線になり面になる。
ニッポンのワザドットコムの仕事には、そんな手応えがあります。
「同じ志」を持っているからなんでしょうか。

コトラーの「マーケティング3.0」。
まだ読みかけですが、本の途中に企業における「志」、
同じ「志」の企業と手を組む意味を説いているのだろうな、と感じた箇所があります。
真面目に商いを続けてきた人にとっては、当たり前のことだと思いますが、
それを言わなくてはならない時代になったということでもあるのでしょうね。

ニッポンのワザドットコム。
まだ事業としては成り立っていませんが、
はじめてよかったと、心から思っています。



東龍さん作、杯と高坏。この器で日本酒かワインをいただきます。
DSCF4184_convert_20110225145254.jpg
2011.02.25 / Top↑
nonnchii

トパーズ色の香気がたつデスクまわり。風邪の予感。ビタミンCを補給して、急いでおうちへ帰ります。
02-24 20:35

ラジオからケセラセラ。SLYの歌声かな?
02-24 15:29

四谷三丁目のオステリアでランチ。 http://photozou.jp/photo/show/1140630/69205005
02-24 12:38

おはようございます。今日は信濃町、漆芸しばたさんからスタート。
02-24 10:09

2011.02.25 / Top↑
昨年の7月13日のブログで、
母から「還暦祝いのお返し」としてもらった、
四国彫りの二段弁当箱を修繕に出した、と書きました。

約半年後、
修繕をしてくださった「漆芸しばた」さんから、
修理が完了した旨のハガキをいただき、
本日、いそいそと信濃町のお店に行って参りました。
ニッポンのワザドットコム編集長も同行。
応対くださった柴田さまに少しお話しをうかがうことができました。
詳しいレポートは、編集長ブログ「木挽町便り」に譲りますが、
漆の文化が日常生活から消えつつあることに、
大変危機感をお持ちでした。
意気投合し、またざっくばらんに情報交換いたしましょう、
とお約束をしてお店を後にしました。

割れたお弁当箱。
割れた箇所に小刀を入れ、隙間に砥の粉を塗り込んで固めています。
内側は拭きうるし仕上げなので、繕ったあとが分かります。
表は色漆なので、ほとんど分かりません。お見事。
すべて輪島塗の職人さんの手によるものです。
修繕代は4200円。想い出の品をまた使えるようにしていただいたので、
私にとってはこの代金、お安いです。

最近サボっていたお弁当づくり、再開です。

また、どこかにぶつけたりしないよう気をつけます。
と書くと、「少々乱暴に扱っても壊れないものを持ちたい」と
思う人もいらっしゃるかと思います。
もちろんそういう選択もあってよいと思います。
ただ、少し気をつけて扱う物のある暮らしは「もの」への
敬意、愛着を思い出させてくれて、これまたよいものです。
今まで当たり前にやっていた所作が、少し丁寧になったり。
自分でも気づかなかった自分を引き出してくれます。
平日はカツカツとヒールの音を響かせて闊歩しているOLさんが、
休日に着物を着ると女らしい歩き方になる、みたいなものですね。

怖がらずに漆の食器を暮らしに取り入れてみてほしいです。
「繕う」技術が日本にはあるし、「繕う」ことで生まれる楽しみもあります。

繕う前の二段重弁当箱。
四国彫り弁当箱

このように割れていました。
割れました

繕ってもらったお弁当箱を包んでいただきました。
簡単な包装ですがワクワクする感じ。伝わりますか?
IMG_3062_convert_20110224181419.jpg

包みを開くと、よみがえったお弁当箱!!
IMG_3063_convert_20110224181208.jpg

見事な仕上がり。待った甲斐がありました。
IMG_3066_convert_20110224181315.jpg
2011.02.24 / Top↑
nonnchii

ビジネススクールの同級生が来社。情報交換する。確かに最近のツイートは、食べ物の話が多し。。なんか仕事してないっぽいよね。ちゃんと仕事してますっ。アピール。
02-23 19:41

いよいよ出ますか!! RT @oka_toshi: 「月刊ソトコト」(3月5日発売号)にご掲載いただく当NPOのゲラ原稿チェック完了!
02-23 17:18

見積もりの作成依頼が増えている。
02-23 17:15

打ち合わせ終わって帰社なう。出かける前にドトールのフレンチトースト詰め込んだけど、夕方まで絶対もたない。何を追加すべきか。。
02-23 15:24

コイツは何者ですか? RT @kamata_kid: 朝ごはん…と、いうか昼ごはんは安心してコイツにまかせております。 http://twitpic.com/42relm
02-23 12:11

2011.02.24 / Top↑
nonnchii

お腹すいた。パン食はいかんね。
02-22 19:34

ラジオからアレサフランクリン。
02-22 15:21

アンチッチ。そんなお名前の方いらっしゃるのね。モスバッガー氏、クサイ氏。ニールマッケンジーなんて人もいたなぁ。新沼ケンジとしか聞こえなかった鈴鹿サーキット。
02-22 14:32

三越のB2F。迷い迷わされて、本日はパン食なり。
02-22 14:07

ラジオから、はっぴーえんどの、風をあつめて。
02-22 12:44

今朝、ミサンガが切れました。めでたい。
02-22 10:25

... 続きを読む
2011.02.23 / Top↑
nonnchii

あいぱっど開けるなう。 http://photozou.jp/photo/show/1140630/68865477
02-21 16:31

ITO-YAの6階で手ぬぐいを飾る額を買って帰る。重かった。6階には、真田紐なんかも置いているのね。
02-21 14:28

2011.02.22 / Top↑
上野鈴本2月中席 昼の部
2月20日

寄席っていいな、と昨日再確認し、
本日も出かけてきました。
思い立ったのが昼過ぎだったので、途中入場。
「子ほめ」の最後を聞き取って、漫才、ホンキートンクさんから。
トリの春風亭一朝師匠は初めて聴きました。
本日も大満足でした。

ホンキートンク / 漫才
三遊亭歌武藏 / ぼやき酒屋
三遊亭金馬 / 転失気
カンジヤマ・マイム / パントマイム
柳亭燕路 / やかんなめ
伊藤夢葉 / 奇術
春風亭正朝 / 蔵前駕篭
五街道雲助 / ざる屋
大空遊平・かほり / 漫才
春風亭一朝 / 宿屋の富

日曜日の昼だからなのか、満席だったのにはビックリ。
平日は、こんなに入っているのをみたことないですね。
2011.02.20 / Top↑
nonnchii

ふと思いつき寄席へ。
02-19 16:57

2011.02.20 / Top↑
上野鈴本2月中席 夜の部
2月19日

東京かわら版を見ていたら、
中席がなかなか豪華な顔ぶれ。
善は急げと行ってきました。

春風亭百栄師匠がトリ。
今年、気になっている蜃気楼龍玉師匠も出ているし、
こちらも気になっているけど一度も聴いたことの無い、
橘家文左衛門師匠の名も。

文左衛門師匠は、たぶん好きなタイプの噺家さんだと思うのですが、
落語以外のいろいろな噂を聞くので(すみません)、
濃密な独演会へ行く前に寄席で軽く様子をうかがいたい、
と思っていたので願ったり。。ところが、休演。
代演は五明楼玉の輔師匠でした。。。
三遊亭歌奴師匠も休演で代演が隅田川馬石師匠。
五街道の出は、皆さん上手いですね。

仲入りに2階の自販機コーナーへ。帰りに階段で、
三升家う勝さんと、ばったり。
百栄師匠の楽屋見舞いだとか。こういう風習(?)ってよいですね。

百栄師匠、先日の落語会「たけのこレシピ」で約束した通り、
最後に手ぬぐいを客席に。客席ダイブ、はありませんでしたが。。
桃太郎の衣装、誂えたのかな?とてもお似合いでした。

さて、噺。
林家扇 / 元犬
林家ひろ木 / 時うどん
鏡味仙三郎社中 / 太神楽曲芸
隅田川馬石 / 反対車
蜃気楼龍玉 / 鹿政談
すず風にゃん子・金魚 / 漫才
五明楼玉の輔 / ざいぜんごろう(新作?)
柳家三三 / 鮑のし
柳家小菊 / 粋曲
入船亭扇辰 / 千早振る
春風亭百栄 / 後日の譚(新作)




2011.02.19 / Top↑
nonnchii

昨日お誕生日だったメンバーのケーキ、切り分けていてくれたものを冷蔵庫から取り出していただきますっ。よく冷えています。はっぴーばーすでー。まだ24歳だってさ。
02-18 20:26

ロッドスチュアート!!わおわおわおー
02-18 19:19

帰社なう。身体が芯から冷えました。でも庭師のみなさんのお話しはとっても面白かった。ニッポンのワザドットコム3月の編集記事、乞うご期待。
02-18 17:18

うめ! http://photozou.jp/photo/show/1140630/68399278
02-18 10:38

東京駅終了。湯島天神へ。雨、どうかな?
02-18 10:23

2011.02.19 / Top↑
nonnchii

焼きそばパンを買って出社したサンアントン、夜食を食べた東島屋、もちろん新橋スタジオビルも健在!そしてニュー新橋ビル!懐かしい?
02-17 18:39

夕方は芝方面で打ち合わせ。心躍る企画。夜はOL時代の同僚と飲み会。20年近くお会いしていない方も。分かるかな??古巣の新橋烏守口へ。
02-17 15:41

いよかん、小包で。宮内いよかん。M先輩に感謝して、皆でいただ きます! http://photozou.jp/photo/show/1140630/68292670
02-17 10:55

2011.02.18 / Top↑
nonnchii

おぼろ月夜ですね。
02-16 19:06

あともう少し企画書を詰めたいのですが、集中力が。。。ドトールってこよ。
02-16 18:53

肩が凝るぅっ
02-16 18:45

もうじき始まる、ニッポンのワザドットコム一周年記念キャンペーンの準備。着々進行中です。
02-16 17:09

東急ハンズにもろもろ用足しに行くなう。
02-16 14:19

今日は新人くんの初出社日。転校生が来た日のような社内。
02-16 13:46

日本郵便。宅配事業の統合で遅配が発生したことを受け遅配防止などに100億円の計画を入れて赤字が膨らむ、って。。日本郵便の強みって、なんだったのか。数字あわせの経営はやめようよ。
02-16 10:38

2011.02.17 / Top↑
nonnchii

読みかけの『コトラーのマーケティング3.0」をちょこっと読み進める。
02-15 20:30

ん?エレカシのガストロンジャー?
02-15 18:45

ジャズでいうところの“スリリングな”が、能にはあるのだな、ということを発見。
02-15 18:40

非上場化。。流れですねぇ
02-15 18:37

ラジオからダンシングクイーン!
02-15 18:33

お腹すいた。。ドトールでテイクアウトなう。
02-15 18:26

取材終了。今日も大変興味深い話をうかがえました。
02-15 17:59

... 続きを読む
2011.02.16 / Top↑
nonnchii

トップスのチーズケーキは主に女子のために。ブレインカフェ、バ レンタイン祭り、続行中 http://photozou.jp/photo/show/1140630/67965277
02-14 20:19

ラジオから、こな?ゆき?の絶唱。
02-14 19:57

編集会議で話に上った、工業デザイナーの奥山清行氏。FNNニュース映像を拝見。ニッポンのワザドットコムの思いとぴったり重なる。嬉しい。お会いしたい。。
02-14 19:12

バレンタイン。女子からいただきました(^.^)b http://photozou.jp/photo/show/1140630/67934979
02-14 17:39

復旧しました!! ほっ(^。^;)
02-14 17:27

ニッポンのワザドットコム、アクシデントでご迷惑おかけいたしておりますm(_ _)m これから編集会議です。
02-14 17:20

会社の男性全員にチョコを贈りました。あれっ?余った。
02-14 12:28

日経新聞2/12(土)夕刊。『銀座吉水』の女将のインタビュー。こんなに素敵な方が近くにいらっしゃるとは。
02-14 12:10

「奸婦にあらず」。読んでみたい。
02-14 11:57

... 続きを読む
2011.02.15 / Top↑
猿之助四十八撰の内
於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)
お染の七役

市川 亀治郎 / お染 / 久松 / 竹川 / 小糸 / 土手のお六 / 貞昌 / お光
市川 染五郎 / 鬼門の喜兵衛
坂東 亀三郎 / 髪結亀吉
中村 亀 鶴 / 船頭長吉
澤村 宗之助 / 油屋多三郎
市川 笑 也 / 女猿廻しお作
市川 門之助 / 庵崎久作
坂東 秀 調 / 油屋太郎七
大谷 友右衛門 / 山家屋清兵衛

亀治郎さんは、大河ドラマに出る直前、
歌舞伎座で偶然隣り合った女性に「すごく才能のある方なんです」と
教えられてから注目するようになりました。
武田信玄のイメージが強い人も多いようですが、
利発な武家の娘、年増を演じても、
「よく捉えているなぁ」と関心するほどお上手です。

早替わりも見所でしたが、
さまざまな年齢、身分の女性をどう演じ分けるかも、
見所の演目でした。

猿之助さんの芸を誰が継いで行くのか。。
義経千本桜に海老蔵さんが挑んだとき、ああ、
それもありだな、と思いましたが、
今日は「おもだかや」のDNAみたいなものを感じました。

まだお若く、柔らかさは、
これからどんどん出てくるのでしょうが。
いい役者さんで、これからが楽しみです。
2011.02.13 / Top↑
桃月庵白酒独演会 喝采
道楽亭一周年記念四夜連続落語会
“今宵はあなたと”第二夜
2月11日

完売御礼だそうです。
週刊誌でいま最もチケットが取りにくい、、
と評されたと噂の白酒師匠の独演会。
新宿辺りに物騒な噂が流れる雪の晩、
いそいそと出かけて参りました。

三席のうちのひとつ、
「万病円(まんびょうえん)」は初めて聴く噺。
一緒に行ったAさんが、「いやいや、一緒に聴いた」と
言うのでにわかに不安に。。
もともと記憶力がよくないのですが、
せっかく聴いた噺をすっかり忘れてしまうことがもったいなく、
2008年から落語を聴いた日付と噺家さんと演目を
黒革の手帳につけることにしています。

ときどき見返すと、えっ!?こんな噺聴いていたっけ??
と驚くことも。
でも手帳を見なくても、あの噺、もう一度聴きたいな、
と思うことも。

白酒師匠の「転宅」はもう一度聴いてみたいです。
昇太師匠の「壷算」、林家染丸「天下一浮かれの屑より」、
春団治「いかけや」も、もう一度と願う噺。
円楽(先代)「豊志賀の死」はもう叶わないけど、
こんな「豊志賀」もあるのかと吃驚した噺。

さて、三席目で大汗をかいておられた白酒師匠は、
体調がよろしくなかったそうで、、、。
お風邪でしょうか、お大事に。。

そうそう「万病円」は友人の記憶違いで、
やはり私は初めて聴く噺だったようです。

桃月庵白酒
万病円
付き馬
二番煎じ
2011.02.12 / Top↑
nonnchii

あったかココナッツゼリーなう http://photozou.jp/photo/show/1140630/67438848
02-11 16:03

2011.02.12 / Top↑
nonnchii

雪かぁ。。明日の道楽亭に着物で出かけるべきか否か。。
02-10 20:09

年末から助っ人にきてくれていたFさんが今日で最後なので、ということで社内で宴が始まりました。
02-10 19:40

帰ってきました9213歩。
02-10 19:31

では18(金)の朝、例のごとく東京駅構内です。よろしくお願いいたします。
02-10 19:21

三度目の分とく山。東京駅グランスタダイニング、NORTH コートで。お仕事で知って以来、 NORTHコートの大ファンに http://photozou.jp/photo/show/1140630/67289496
02-10 12:30

さあて、そろそろ東京駅へ向かいますか。肩こりの原因は、この取材用の斜めがけバッグなのではないかと、うすうす。
02-10 11:32

日経新聞今日の朝刊。森村泰昌氏の「冷たい熱帯魚」映画評の中の言葉、“現代は「父権」が喪失した時代であると同時に、「父権」に変わるべき規範が与えられずにいる時代でもある”に、ピンときた。
02-10 10:52

... 続きを読む
2011.02.11 / Top↑
nonnchii

ああ薬が効き始めた。交感神経がーっ。あまりいい気分ではない。
02-09 20:32

首の凝りは、これは寝違えたのか、それとも白血球が頑張ったあとなのか。昨日から恐ろしく首が凝る。。とりあえずホッカイロで温める。
02-09 19:16

今朝から花粉の薬を飲み始めました。薬が切れてきて、鼻がぐずぐず。。夜食たべるので、ついでに薬を飲みます。
02-09 19:09

本日、打ち合わせしたお仕事の大まかなスケジュール完成。年末納品のお仕事のスケジュールを2月現在で立てられるなんて。なんと幸せなことだろう。
02-09 19:01

楽しみです!! RT @kamata_kid 6/29のたけ平、喬の字、司の第二回『鈴本 囀の会』ですが、ゲスト出演に柳家花緑師匠が決定!地方での落語会の日程を変えてまでのご出演、侠気に感激しつつ、それに応えるべき会にしてゆきたいと思います。みなさま、どうぞ宜しくお願いします。
02-09 17:42

渋谷の打ち合わせから帰ってきたなう。6730歩!!
02-09 13:28

2011.02.10 / Top↑
昨日、
OAC(日本広告制作協会)の勉強会へ行ってきました。
テーマは、「広告制作会社が抱える事業承継問題とM&Aのポイント」。

事業承継には、いろいろな方法がありますよね。
社内で後継者を育てて事業を承継するという方法が、一般的には多いのでしょうか。
今回の勉強会はいくつかある方法の一つ、M&Aのポイントについてでした。

M&A、
Merger(合併)とAcquisition(買収)。
それは大きな会社の話でしょう、なんて思っていましたが、そうでもないらしいです。
さらに現在、M&Aの市場は圧倒的に売り手市場なのだとか。
「売りたい」「買いたい」の情報の割合は「1対9」だと言うから驚きです。
昨日の日経新聞・夕刊一面トップにも、
「M&A今年は活発 すでに25兆円 ITバブル以来」という記事が出ていました。

勉強会では、概略を理解することができ、
大変有意義でした。

M&Aによる事業承継を意識するならば、
いろいろ準備していくこともあるようですが、
その時に、世の中に必要、と思われる企業であるかどうかが、
いちばん大事なことですね。

価値ある会社であらねば、と改めて思った次第です。


2011.02.09 / Top↑
nonnchii

OACの勉強会へ出かける、なう。
02-08 17:48

ニッポンのワザドットコム副編集長の街角レポート。タイトルは『 リアルひこにゃん( やらされ感) 』。 http://photozou.jp/photo/show/1140630/67098570
02-08 15:15

.@deluxe55 そこをなんとか! http://p.twipple.jp/ZZHz4
02-08 14:59

わーい。夜更かししよっ。 RT @nonnchii むしろ、今夜!?
02-08 14:46

外、さむっ。薄着し過ぎました。雪、こい!
02-08 14:16

社内用の企画書完成。さて、お昼ご飯。
02-08 13:49

... 続きを読む
2011.02.09 / Top↑
坂の上の雲(七)
司馬遼太郎
文藝春秋
2009年1月第23刷

バルチック艦隊は、対馬海峡を通るのか、
それとも太平洋をまわるのか。
連合艦隊は決断できない。
しかして東郷は「それは対馬海峡よ」と言い切った。
なお鎮海湾で待つ連合艦隊に、
「敵艦隊見ゆ」と哨戒艦信濃丸から第一報が発信される。

その20時間前、宮古島に向かう商船に乗る「奥浜」青年は、
バルチック艦隊を目撃している。
国の存亡がかかる一大事を知らせるために、この一庶民の目撃は、
垣花善(かきはなぜん)という漁夫に託される。
丸木船を漕ぎ、命がけで無線施設のある石垣島まで渡った垣花善ら5名。
哨戒艦信濃丸から発せられた第一報から、やや遅れ、
那覇の県庁と東京の大本営へ「敵艦見ゆ」の電信が送られる。。

この離島の一庶民に、日本国の存亡にかかわる一大事が理解されていたこと。
この事実が、日本という国の当時の国民性を表していて面白い。
一方のロシアは、やらされ感いっぱいなのに、です。

さて、鹿児島県出身の私としては、
西郷隆盛、西郷従道、大山巌についての記述は気になるところ。
ウドサァ(=大男、巨人)と薩摩ことばで愛称を受けていたという西郷隆盛。
ウドサァになるための最大の資格は、
「もっとも有能な部下を抜擢してそれに仕事を自由にやらせ、
最後の責任だけは自分でとることであった。」と司馬氏は書いている。

ドラッカーが生まれる前に、理論は実践されていた。

さて、最終巻に突撃です。

坂の上の雲〈7〉 (文春文庫)坂の上の雲〈7〉 (文春文庫)
(1999/02)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る
2011.02.08 / Top↑
nonnchii

これからニッポンのワザドットコム、編集会議です。
02-07 18:11

ふぅー。朝からバタバタ。ようやくコンビニでおむすび買ってこれました。味噌汁はシジミをチョイスしました。
02-07 14:33

2011.02.08 / Top↑
昨年末から、
デザイナーチームの助っ人にきてくれているFさん。
ブレインカフェでいま制作進行中の大きな仕事の
サポートを主にしてくれています。

その間、天変地異による企画変更などの荒波を越え、
なんとか仕事を形にしつつあるのですが、
彼女の力がなくては、難しかったと言えます。感謝。

Fさんが助っ人としてきてくれる期間も終わりに近づき、
Fさんの大親友I美ちゃんが、ケーキを焼いて届けてくれました。
激ウマでした。素材ひとつひとつの味が吟味されていて、
上品な生クリームの中に時折ナッツを噛みあてる楽しさ。。
ほのかにキャラメルの味も。幸せな一時でした。

I美ちゃんはパティシェですが、広告のビジュアルとして、
ケーキをつくってもらう仕事をお願いしたこともあります。

また、お仕事お願いしたいものです。
クライアントさま。ケーキをキービジュアルとした
広告制作のニーズあれば、どうぞブレインカフェまで、
お知らせくださいませ。m(_ _)m

DSCF4179_convert_20110207181627.jpg
アルパカのイラストも食べられます。
2011.02.07 / Top↑
2月4日金曜日、
東京ビックサイトで開催されていた
「Gift Show」へ行ってきました。

実はブレインカフェで商品パッケージをお手伝いした、
「梅酒」と「石けん」も出品されていました。
デザイナーのKさんの力作です。
※梅酒のイラストはキタハラゆかりさん、
石けんのイラストはブレインカフェのデザイナーNさんの作。

『梅酒』は、徳島県吉野川市美郷(みさと)のもの。
美郷地区は県内有数の梅どころで、
和歌山県みなべ町とともに、
全国初の「梅酒特区」の認定を受けた地区です。

この仕事を通じ初めて「梅酒特区」の存在を知ったのですが、
これは、地区内に製造所を設け、地区産の梅を使えば、
年1キロリットル(酒税法上では6キロリットル)から
梅酒を製造販売できるというものです。

規制緩和策の一つで、農家や小規模事業者も、
取り組みやすくなるため、
町おこし村おこしにつながるメリットがあります。
消費者の立場としても、手作りの温もり、
一瓶ごとに微妙に変わる味わい、
などの楽しみを分けてもらえるメリットがあります。

お手伝いしたのは、製造免許第一号を取得された、
「東野リキュール製造所」さんの
梅酒「一瓢酒(いっぴょうざけ)」と、梅のし「一箪菓(いったんか)」。

馥郁とした梅の香りを感じる梅酒を、
素朴な梅のしとともにいただくのが、おすすめのスタイル。
ワインをブドウとともにいただく感覚でしょうか。

石けんは
岡山県産マスカット・オブ・アレキサンドリアの成分が入ったもの。
『マスカットの石けん』と聞いただけで、
女性としては、手がのびるインパクトがありますよね。

どちらも、たくさんの方に手にとっていただきたい、素敵な商品です。
ご注目ください。

※以下、許可をいただいて撮影しています。
IMGP0237_convert_20110207173800.jpg
梅酒「一瓢酒(いっぴょうざけ)」、梅のし「一箪菓(いったんか)」。

IMGP0243_convert_20110207173831.jpg
これが『梅のし』。ほどよい甘さで上品な味わいです。

IMGP0244_convert_20110207173907.jpg
このサイズで漬けられた梅酒です。手作りの味わいがあります。

IMGP0247_convert_20110207173938.jpg
マスカットの石けん!!洗い上がりは、しっとり。。


いかがですか?
ご興味わかれましたら、
ぜひ、お試しください。

2011.02.07 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。