広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
観世能楽堂

能 : 葛城
狂言 : 魚説法
能 : 鵺

わけあって遅れて観世能楽堂へ到着。
消防法で立ち見ができないとのことで、
次の狂言から入場しました。

空いていたのが最前列だったのですが、
隣に20歳前後の若い男の子が4、5人。
休憩時間に交わす会話を何気なく聞くと、
よく友達と能、狂言を観に来ている様子。
あの会場の音響はどうだった、など通な会話をしていました。

観客の大半は50代以上。
私も最近になって能の面白さに気づいたので、
熱心に観に来ている若い人がいるのは、不思議な感覚。
ただ、こういう人が増えないと、伝統芸能も
続いて行かないのだと思います。
技の後継者に、良い観客に。。。。

ということで、ニッポンのワザドットコムでも、
能の面白さを伝えて行かなくては、と思った次第です。

魚説法は、にわか坊主が、お布施欲しさに出鱈目な経を即興で読む話。
お経には、魚の名前が織り込まれる。「イワシとけ」とかですね。
野村万之介さんがよかった。

鵺(ぬえ)は、化生の者。モノノケ。
最初に登場する時は、黒いカツラ(ロング)に黒い袈裟(?)、
着物も濃紺で、面も恐い。
「鵺、こわっ」と子どもなら確実に泣く風貌です。
再登場すると何故か緋のカツラ(ロング)に派手目の赤い衣装。
心情の変化か、状態の変化を象徴的に表現しているのでしょうが、
ここは解説がないと理解できない。
歌舞伎のようにイヤホンガイドがあれば、もっと
深く知ることが出来るのに。。。

それでも、今回も、大変興味深く観劇いたしました。

次回は解説付きの会へ行こうと思います。

スポンサーサイト
2010.11.28 / Top↑
東龍知右門 傾奇(カブキ)展
ー前田利家ガ育てた九谷焼と輪島塗ー

時 : 2010年12月2日(木)~12月11日(土)
   正午~午後八時(祝・土は午後六時、最終日は午後五時まで)
   日曜日はお休み
於 : ギャラリー愚怜(ぐれい)
   東京都文京区本郷5丁目28番1号
   http://www5.ocn.ne.jp/~gray

輪島塗と九谷焼のコラボレーションで、生まれた「Kyu-Wa(きゅうわ)」。
ブレインカフェが大変お世話になっている東龍さんが生み出した、
この新しい器が東京都文京区のギャラリー「愚怜(ぐれい)」で
来月から展示されるそうです。楽しみです。

今朝届いたポストカードには、「Kyu-Wa」のマグカップの写真が。
これが、どうにも格好いいのです。
焼酎、あるいはウイスキーをロックで、が似合います。きっと。

歌舞伎の語源になっていると言われる、
「傾く(かぶく)」は、斬新なことをするという意味。。

「傾奇(カブキ)展」というネーミングには、
そんな東龍さんの気概が感じられます。

ブレインカフェも、ギャラリーへ駆けつけたいと思います。

ブレインカフェのオフィス入り口にある、工芸品の展示コーナー。
全国から届く展示会のポストカードは、ここに置かせていただいています。
DSCF4142_convert_20101125173004.jpg

「Kyu-Wa」マグカップはサイズが、120×85mm。
なかなか使い勝手もよさそう。
DSCF4145_convert_20101125173036.jpg
2010.11.25 / Top↑
吉例顔見世大歌舞伎
昼の部
通し狂言
天衣紛上野初花(くもにまごううえののはつはな)
河内山と直侍

河竹黙阿弥 作
宇野信夫 補綴

河内山宗俊 : 幸四郎
片岡直次郎 : 菊五郎
三千歳 : 時蔵

河内山宗俊(こうちやまそうしゅん)の名台詞、
「ばーかめー」でお馴染み、河竹黙阿弥作の「河内山と直侍」。
通し狂言でかかると聞いて行ってきました。

数寄屋坊主の河内山は、悪い奴。
悪いけれども小気味いい。
権力者を悪知恵で負かし、衆目の中、
「ししゃりでて 土手に手をつく 蛙かな」
「ばーかめー」と悪態をつく。
厳格な身分制度の中、権力者にたてつけなかった江戸っ子の、
この悪態を聞いた時の痛快な心持ちたるや、想像に難くない。

。。。そして、現代も同じこと。
新橋演舞場は、いつもよりも50代以上の男性客が多い。
みんな、誰かに「ばーかめー」と言いたいのでしょう。。。
男性客が多いのは、「元禄忠臣蔵」がかかる時と同じ現象です。
ただ、「元禄忠臣蔵」は数人のお仲間で観劇するパターンが多い気がします。


さて、「ばーかめー」の聞ける幕は観たことがありましたが、
初めて観た「四幕目 大口屋寮の場」がなかなかよい。

河内山と組む御家人崩れのいい男、片岡直次郎は、
花魁・三千歳(みちとせ)の間夫(まぶ)。
惚れ合う二人は二世(今世と来世)での契りを誓う仲。
いわゆる、生まれ変わっても一緒になろうねっ、という約束ですね。。
しかし、悪行が露呈して追われる身になる直次郎。
体調を崩して遊郭・大口屋の寮で療養する三千歳に別れを告げにくる。

別れるというなら、殺して逃げてくれ。
懇願する三千歳。確かにこんな別れ方は生き地獄。
甲州街道は山が険しく、女は連れて逃げられない、と直次郎。
登山の心得があれば、ついて行けるのに。。。まぁ花魁だから無理。
しかし、いろいろあって、結局、二人で逃げようとなった時に、
ああ残念、追っ手が踏み込んでくる。
逃げる直次郎、捉えられ泣き叫ぶ三千歳。

「直さん!!」
振り向かず直次郎が返す言葉、
「この世では、もう会えないぜ」

カッコいい。とてもとてもカッコいい。

河内山の名台詞だけでなく、
直次郎と三千歳の大恋愛模様も楽しめることを発見したのが収穫でした。
河竹黙阿弥って、本当にエンターテイナーですね。

幸四郎は河内山がはまり役。
菊五郎の直次郎も、抜群にカッコいい。

11月25日、千穐楽です。




2010.11.23 / Top↑
櫻田落語会
(柳家麟太郎 / 代演 : 古今亭志ん公)
11月20日(土) 18 : 30

2ヶ月に一度の落語会、「櫻田落語会」。
2010年、最後の会へ行ってきました。
店に入る前に、雷門の前を通ってきましたが、
なかなかの人出。外国の観光客も多く、賑やか。
最近は浅草以外でも見かけるようになった人力車も、
昔より台数が増えているように思います。。


さて、落語会。
今回は三遊亭司さんの代演が、古今亭志ん公さん。

古今亭志ん公(代演)
湯屋番

柳家麟太郎
死神


会の終わりには、長野県上田での三遊亭鬼丸さんの真打ち披露興行を終え、
駆けつけてくださった三遊亭司さんと古今亭志ん公さんと、みなで2次会へ。


落語会でかかる噺には、季節感があるので、
この噺を聴くと、ああ、年の瀬だなぁ、なんて感慨に耽ります。。

12月は、しみじみと人情話で締めたいので、
「東京かわら版」をチェックしておこうと思います。
「東京かわら版」は、日本で唯一の演芸専門誌。
落語好き必携の情報誌。詳しくはこちらを。

すでに予定に入っている、「銀座・しも田」の落語会、
三遊亭鳳楽さんがきっと人情話をしてくださるでしょう。。
この会は久しぶり(確か2010年2月以来)なので、今から楽しみです。


2010.11.21 / Top↑
今年は11月7日と11月19日が酉の市でした。

去年はブレインカフェのAさんと二人で行きましたが、
今年はリクルートの先輩Kさんと、
法政大学大学院イノベーションマネジメント専攻(長い!!)の同級生Nさん、
ブレインカフェのAさん、4人で二の酉へ行ってきました。

去年も活気がありましたが、今年もすごい。

鷲神社へ入るまで、なんと1時間待ちました。

神頼み、ということなのか、景気が上向いているということなのか。

いずれにしても、賑々しい祭りの雰囲気は、
気分を高揚させます。

2011年、商売繁昌の予感です。


まず神社の入り口で、去年の熊手をお返しします。
IMG_2989_convert_20101121212753.jpg


壮観です。福が寄ってきそうですね。
IMG_2992_convert_20101121212855.jpg


石原家も勢揃い。商売繁昌、家内安全、交通安全、開運招福、五穀豊穣。
IMG_2996_convert_20101121213030.jpg


開運!!富くじでは、グリーンガムが大当たり。
IMG_3000_convert_20101121213115.jpg


今年の熊手。毎年恒例、青戸清田の八百敏さんで。かっこめ、かっこめ。
八百敏さんの熊手は伝統工芸士がつくるそうです。八百敏さんの情報はこちら
IMG_3001_convert_20101121213141.jpg


2010.11.21 / Top↑
実務入門 問題を発見し、解決する技術
芝崎篤義
日本能率協会マネジメントセンター
2009年6月初版第1刷

ブレインカフェでは、
企画力をコアコンピタンスと位置づけています。
企業理念も「企画力で、社会を動かす」。

企画力を磨いていくために、今期は研修を充実させることにしています。
すでにOAC(日本広告制作協会)の研修、セミナーへの積極参加は進んでいますが、
そこではカバー仕切れないことを、内部研修と外部委託研修で補おうと考えています。

ということで、11/2のブログにも書きましたように、
リクルート映像時代の先輩Hさんに相談したところ、
私自身が「企画力」をどんな能力と捉えているのかをはっきりさせるべき、
とのアドバイスをいただきました。

企画力は、お客さまの問題を解決するためにある力。

では、問題解決の道筋とは?

まず取材・分析をすることで問題を発見し、それを解決する提案をし、
問題を解決するためのツール(あるいは仕組みまで含めて)を制作し納める。

結構、幅広い能力を必要とすることがわかりました。

Hさんのアドバイスは、一冊、問題解決に関する本を読んで、
自分が考える「企画力」の全体像を図式化すること。
2週間でまとめたら?と言われましたが、ようやく本を読み終わった、
というところです。

八重洲ブックセンターの「問題解決」の本棚には、さまざまな本が並んでいましたが、
この「問題を発見し、解決する技術」を選んだのは、それこそ図解が分かりやすかったから。
SAT法(SPEAK、ACTION、THINK)がベースになっていて、
1.問題を「三発」(発生・発見・発掘)に区分する
2.問題と問題点とを明確に区別する
3.問題点の発見に重点を置く
4.第三者的な問題把握からの脱皮を求める(自責化)
5.特定の問題解決手法ではなく、手法の前提を学ぶ
が主な特色だそうです。

問題を発見するのに8種類の能力を持て、とあり
「観察力」「層別力」「書き出し力」「発想力」「翻訳力」「質問力」「要約力」「傾聴力」
があげられています。
問題意識→観察→問題発見→確定→計画→実行→評価
と、各段階に「表現力」「説得力」「根回し」「具体化」「手順・段取り」など、
別の能力が求められてきます。。。

「企画力」があれば、小さな会社も存在感を持てる、
と考えて決めた企業理念ですが、今更ながら、
企画力の奥深さを知ることになりました。

企画力を図式化するのに、2週間は欲しいなぁ。。。

(実務入門) 問題を発見し、解決する技術(実務入門) 問題を発見し、解決する技術
(2009/06/26)
芝崎 篤義

商品詳細を見る
2010.11.18 / Top↑
明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法
佐藤尚之
アスキー新書
2010年4月第一版第10刷

先日のOACセミナーの講師、佐藤尚之氏・著作のベストセラー。
内容的には、セミナーでうかがったことのおさらいだったが、
再確認したのは、新しいメディアや脚光を浴びるPR戦略など、
アプローチ手法の多彩化の流れは、広告制作屋として驚異ではないということ。

本の冒頭に、金城一紀著「映画篇」の引用がある。

 君が人を好きになった時に取るべき最善の方法は、その人のことをきち
 んと知ろうと目を凝らし、耳をすますことだ。そうすると、君はその人
 が自分の思っていたよりも単純ではないことに気づく。極端なことを言
 えば、君はその人のことを実は何も知らなかったのを思い知る。

広告屋は広告を消費者へのラブレターになぞらえることが多い。
佐藤氏もその例えを使い筆を進めているし、私自身も新人に「広告とは」といった
話をするときには、「コピーライターはラブレター代筆業」と言ったりする。
なので、この金城一紀氏の著書からの引用は、大変分かりやすい。

時代が変わろうと、人の心の動かされ方はそう変わるものではない。
よくよく消費者を知ろうとすること。
ラブレターは下駄箱(メディア)の中が定番ではなくなったが(古いか!?)、
図書館にいる彼女に紙飛行機を折って飛ばしてもいいし、
待ち合わせした渋谷の街で巨大なサイン広告に流したっていい。
どの方法が、「彼女」に効くのか、とことん考えてコミュニケーションすればいい。
メディアの多様化、広告以外の手法の台頭も、大きな視点で見て、
コミュニケーションの仕方を設計していけるわけで、
これは、なかなか醍醐味のある仕事ではないか。

後半、佐藤氏が携わった
「スラムダンク一億冊感謝イベント」のメイキング舞台裏が面白く、
「醍醐味のある仕事」の予感を強くする。

さて、2時間で読めます。
この手の出版でありがちな新しい時代への恐怖をかき立てるものでもなく、
非常にポジティブに新しい時代、既存メディアも捉えられているので、
読んで希望も湧いてきます。ぜひ。



明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045)明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045)
(2008/01/10)
佐藤 尚之

商品詳細を見る

2010.11.17 / Top↑
紅葉を目当てに、高尾山へトレッキングに出かけてきました。

稲荷山コース(約3時間半)
京王線「高尾山口」駅→稲荷山→高尾山(599m)
→小仏峠(548m)→小仏(290m)→バスでJR「高尾」駅へ

9時半の京王線「高尾山口」駅は、あふれんばかりの人。
見晴らしの良い場所も、人があふれ立錐の余地無し。

だとしても、やはり山はよいです。
3時間半の山行は傷めている膝にこたえましたが、
やはり、歩いてよかった、と思える時間でした。

IMG_2977_convert_20101115193442.jpg
あふれんばかりの人。ですが、それだけ魅力的な山だということでしょう。

IMG_2982_convert_20101115193507.jpg
見晴らしがよいのも、高尾山のよいところ。冠雪した富士が遠くに見えました。
写真中央より、やや右に佇むのが霊峰・富士山。

IMG_2985_convert_20101115193536.jpg
見事な紅葉。一雨きた後の方が、もっと美しいかと思います。
2010.11.15 / Top↑
金曜の昼頃、会社に宅配便が届きました。
送り主は、東龍さん。

荷を解くと、中から出てきたのは米袋。
白い米袋には「羽衣米(はごろもまい) 年貢米(ねんぐまい)」と書かれています。

週末早速、土鍋で炊いていただきました。

石川県、奥能登の山々を母とする清流に育てられた無農薬の米。
手間暇かけたお米をさらに熟成させたのが、「年貢米」なのだそうです。

炊きあがったときの、宝石のような光。
含んだとき、口の中に広がる気配は、主観ですが、
森や水辺で感じる“マイナスイオン”のようです。

先日、福島県西郷村で手に入れた豆乳を「おぼろ豆腐」にして、
美味しいご飯のお伴に。
この西郷村の豆乳が、濃くて美味しいのです。

東龍さん、ありがとうございます。

羽衣米はネット販売もしています。
詳しくは、こちらをご覧ください。

IMG_2970_convert_20101115192423.jpg
たちのぼる湯気に、食欲がそそられます。お米、光っています。
匙がかかっているどんぶりが、西郷村のおぼろ豆腐。

IMG_2974_convert_20101115192704.jpg
東龍さんのKyu-Waの飯茶碗によそってみました。ぴったりです。
2010.11.15 / Top↑
企業のソーシャルメディア戦略と今後
講師 : 佐藤尚之氏

OAC、日本広告制作協会という団体に所属しています。
そのOACの経営部会で企画した講演会に参加してきました。

Twitter、Mixi、facebook。。。
ものすごい勢いで拡大するソーシャルメディアを日本企業はどう捉えているのか。
そして、企業と消費者のコミュニケーションのありようが変わった今、
広告制作を生業とする我々は、どこへ向かって行くべきなのか。。。

いまや日本企業の24.5%がTwitterをマーケティング戦略に取り込んでいるという。
グローバル視野では、たとえばゲータレードが、社内に
ソーシャルメディアのモニタリングルームを持っているほど、
それは重視されている。

消費行動は、かつてAIDMAの法則で説明された。

Attention(注意)
Interest(興味)
Desire(欲求)
Memory(記憶)
Action(行動)

そしてインターネットが普及した今、その行動はAISASと言われるように。

Attention(注意)
Interest(興味)
Search(検索)
Action(行動)
Share(共有)

それがソーシャルメディアの普及で、SIPSになってきた、という。
SIPSとは、

Sympathy(共感)
Identity(自分にふさわしいかの確認)
Participation(参加)
Share & Spread(共有と伝播?)

こんな時代。
我々、広告制作者としては、
より「共感をよぶクリエイティブ」を心がけなくてはならない。。。

ふーむ。。
とてもためになる、そして刺激的な講演内容でした。
「コトラーの3.0マーケティング」も読まなくてはと思いました。

講演会の帰り道、
樋口事務所の営業ウーマンNさんとタイ料理屋さんで、
講演内容のおさらい会と、情報交換してきました。

さて、
数十年の間に起きたマーケティング環境の激しい変化。
これをアニメーションで分かりやすく伝えるのがこの動画、とのこと。
You Tubeにもあがっているので、興味のある方はこちらをどうぞ。

ソーシャルメディアが、どのくらいの勢いと影響力で広がっているかを、
やはりアニメーションで伝える動画「ソーシャルメディアレボリューション」も
You Tubeに上がっています。興味のある方は、こちらをどうぞ
2010.11.10 / Top↑
先週の金曜日の夜、新体制に向けてレイアウト変更を行いました。

ベテランが退職し、若返った組織の結束を高めたく、
背中合わせに仕事をしていたレイアウトから、
密にコミュニケーションがとれるようなレイアウトに変更。
個人用に一人ひとつあったロッカーを撤廃し、
会社全体の資料棚を設けることにしました。

思いついた時に互いにアイデアフラッシュをしたり、
何か調べたい時にも資料にサッとアクセスできる体制。

さらにMさんから、各自の仕事の「見える化」策として
提案のあった月間スケジュールボードも発注。
ボードには、会社の経営数字も書き込み、頑張った成果も
「見える化」する予定です。

金曜日の什器移動は社内で行いましたが、
配線、ネットワークはTooさんにお世話になります。
月曜日に出社したら、綺麗に配線が終了していて、
気持ちよく仕事を開始できました。ありがとうございます。

そんな新しくなったオフィスに、今日から新人のYさんが加わりました。
初々しいYさんを迎えて、みんなも張り切っている気がしましたが、
どうなのかな?

優しくてよく気のつく、縁の下の力持ちAさんが、
せっせと資料の片付けを進めくれています。

先月、落ち着いたかに見えた仕事量も、徐々に増えだした模様。
年末の繁忙期に向けて、新体制のスタートです。
2010.11.09 / Top↑
11月6日(土)
3ヶ月前と同じ「IMセミナー」の中のOB・OGインタビューのゲストとして、
母校である法政大学大学院イノベーション・マネジメント専攻(長い!!)へ
行ってきました。

今回は、少し早めに到着したので、「IMセミナー」のメインとなる
模擬授業も少しですが聴くことが出来ました。
高田朝子先生の「人脈の構造」。
途中からの拝聴でしたが、面白い。

高田先生の授業の中で、特に
「人は何のために学ぶのか? 予測の精度を上げるために学ぶのだ。」
という答えに激しく同意いたしました。

知的好奇心くすぐられました。やはり学ぶって楽しいですね。
また学生になりたくなってしまいました。

インタビューされるOB・OGは、私と同期のSさんでした。
帰り際に短い時間ですが、近況を報告し合いました。
同窓会を企画している同期がいるらしいとのこと。
卒業後のみんなの活躍を聞けると、よい励みになると思うので、
とても楽しみにしています。
2010.11.08 / Top↑
11月3日(祝)
福島県西郷村で、
NPO法人バトンタッチにっぽん(主催)、
西郷村大豆の会(共催)、NPO法人チーム青い空(共催)で行われた、
「大豆収穫祭と25絃箏のしらべ」へスタッフとして行ってきました。

自然の中で大豆収穫を楽しむ都会からの参加者、
ご自分の作物を熱く語る生産者のみなさん。
土の香りのするアーティスト、かりんさん

よい出会いをいただきました。


こちらが収穫祭の会場、大豆畑。
西郷原種を復刻した青大豆です。
201011031115000_convert_20101107151704.jpg

スーパーで売っている枝付きの枝豆、
あれが枯れている状態を想像してください。
収穫は、まず根ごと引き抜き抜いたものを
数本集めて乾燥のためそこへ集めます。
201011031330000_convert_20101107152259.jpg

それを脱穀機にかけて実と枝を分離します。
201011031342001_convert_20101107152528.jpg

こんな色をしています。
普通の大豆より青いですね。
201011032334000_convert_20101107152658.jpg

イベントでは吾汁(ごじる)もふるまわれました。
大豆をすりつぶしたものが入ったスープ。
具沢山であたたまります。
201011031214000_convert_20101107152903.jpg

25絃箏(にじゅうごげんそう)アーティスト、
かりんさんのライブ。オリジナル曲、童謡を。
ライブ会場の子育て支援センターは、木のぬくもり
あふれる設計。かりんさんの音楽にマッチしてました。
201011031535000_convert_20101107153236.jpg

西郷村の作物を生産者が直売するコーナーも。
大豆製品を大人買いしてきました。湯葉、豆腐、
大豆、小豆、米、餅。。。大黒屋さんのお菓子。
これから一週間、「おいしい生活」です。
大黒屋さんのホームページはこちら
地元の作物をつかったお菓子、とても美味。
西郷の無農薬大豆を使った、油で揚げない
ドーナッツは噛むほどにやさしい甘さが広がって
上品。ぜひお試しください。
201011032230000_convert_20101107153644.jpg

持参したデジカメが起動したとたん「充電してください」のアラート。
急遽、携帯電話での撮影になりました。美しくなくてすみません。
実際の空気感がお伝えできずに残念ですが、
都会とは違う時間軸の中で、自然と対峙しながら生きて行くことを
望まれるのならば、ぜひ一度足をのばしていただきたいです。

移住して農業従事を希望される方へのプログラムも、
いろいろあるようです。
2010.11.04 / Top↑
今期、ブレインカフェでは研修を今まで以上に充実させていく方針です。

すでに実務研修に付いては、
外部研修を活用してメンバーが積極的に参加をしてくれています。

パッケージ化された外部研修では補えない分野の研修。
ここについては、以前勤めていたリクルート映像の先輩で、
現在は経営コンサルタント会社を経営されている、
Hさんに相談しようと期初から考えていました。
期初から随分時間が経ってしまいましたが、
ようやく準備が整い、11月初日にHさんの会社へ相談に行ってきました。

19時半にスタートして、
ブレインカフェの現状、目標、課題、そして私が考える解決策まで、
じっくりとお話を聴いていただいて21時半。
その間、Hさんの発する数回の質問に考えをまとめ応えることで、
かなり私の中のもやもやが解決できました。

その後は、渋谷の街へ繰り出し、アルコールタイム。
後輩であることをいいことに(?)すっかりごちそうになってしまいました。
アルコールタイムも、ずっと経営の話です。
こんなに深く、じっくり話を聴いていただける先輩がいて幸せです。
Hさんのオフィスへうかがうと、書棚に分厚いビジネス書がぎっしり詰まっています。
Hさんの的確な助言は、おそらく勤勉さの賜物でしょう。

頭が下がるほど働き詰めのHさんが、これだけの本を読んでいらっしゃるのに、
私自身の生活を振り返って、まだまだ努力が足りないな、と感じました。
メンバーの成長のための研修も考えなくてはいけないが、
私自身がもっと成長していかなければ、目指す強い組織にはなれない。
気を引き締めて、恥ずかしながら縁のなかったドラッガーも読まなくては。
そんなことを考えて、家に着いたのは日付をまたいだ12時過ぎ。
うーん。私が3人いれば、考えていることのすべてができるのですが。。。
いつもいつも、そこにフラストレーションを感じてしまいます。

学び、決断の精度とスピードを上げて行くことで、それは解決できるのか。

そう信じて、学び続けることにします。

2010.11.02 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。