広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今年の最終目標、小蓮華山へ登ってきました。

小蓮華山は白馬岳へ続く稜線上の一つのピーク。
馬の背のような稜線に描かれた一本の道は、
別世界に続く道のようでロマンを感じます。
眼下に見下ろすは雲の海。
雲海の上はピーカンで、生まれては消えてゆく雲も、
ここが現実の世界ではないような気持ちにさせます。

ずっとずっと、雨続きの山行だったけれど、
最後の最後に素晴らしい幸運が待っていてくれました。

1日目
蓮華温泉泊。
2日目
早朝、蓮華温泉を発ち見晴らしの良い「天狗の庭」を
通り白馬大池山荘へ。荷物をデポして小蓮華山へ。
素晴らしい景色を堪能しつつ、高山病の症状も
若干感じながら登頂。また白馬大池山荘へ戻り一泊。
休憩も入れて、約8時間の行程だったので、夕食後は
倒れ込むように寝床へ。
3日目
朝、白馬大池山荘を後にして蓮華温泉へ。汗を流して、
さっぱりしたあと糸魚川の海鮮を堪能し、一路東京へ。

ダケカンバの巨木、一面チングルマの草原。
深い色をたたえた白馬大池。天の川が横切る星空。
自然を思いっきり楽しんだ休日でした。

NHK「坂の上の雲」のエンディングの風景には、
もしかしたら、もう少し先に幸せが待っているかも、
と思わせるパワーがありましたよ。

IMG_3248_convert_20110928005131.jpg
IMG_3249_convert_20110928005155.jpg
IMG_3250_convert_20110928005219.jpg
IMG_3251_convert_20110928005240.jpg
IMG_3253_convert_20110928005300.jpg
IMG_3255_convert_20110928005319.jpg
IMG_3259_convert_20110928005403.jpg
IMG_3264_convert_20110928005424.jpg
IMG_3285_convert_20110928005547.jpg
IMG_3287_convert_20110928005615.jpg
IMG_3289_convert_20110928005637.jpg
IMG_3290_convert_20110928005826.jpg
IMG_3300_convert_20110928005707.jpg
IMG_3257_convert_20110928005338.jpg
スポンサーサイト
2011.09.28 / Top↑
東京都最高峰、雲取山へ登ってきました。
2017mもある山です。東京の山なんですね。
毎度2000m付近になると酸素濃度に身体が反応しますが、
頂上付近で、高山病の症状が出ました。
間違いなく2017mある山です。

雲取山登山は過去何度か誘われたのですが、
体調が悪かったり都合が合わなかったりで、
行けずにいました。今回は必ず征服するぞ、
と意気込んで出かけましたが、途中から雨。
富士山を正面に拝める絶景ポイントは靄がかかって、
チラリとも富士を観ることはできませんでした。

行程は、小袖乗越から入って、
七ツ石小屋、奥多摩小屋、小雲取山、
雲取山、そして雲取山荘で一泊。

途中、シカに遭遇したり、
雨ならではの景色を楽しんだり、
富士はなくとも、雨の雲取を満喫してきました。

七ツ石小屋より富士山方向を望む
IMG_3202_convert_20110815212346.jpg

うつぎが見頃
IMG_3203_convert_20110815212411.jpg

今回はシカに遭遇。熊でなくてよかった
IMG_3205_convert_20110815212434.jpg

雲取山征服!!
IMG_3211_convert_20110815212452.jpg

疲れきったところに見えた雲取山荘の屋根。助かった!!の心持ち
IMG_3212_convert_20110815212536.jpg

山荘のすぐ近くに蛍袋が咲いていました
IMG_3213_convert_20110815212559.jpg

下山もしとしと雨降る中
IMG_3214_convert_20110815212621.jpg

雨粒を宝石のように身につけた草
IMG_3218_convert_20110815212641.jpg

ふきの花
IMG_3220_convert_20110815212703.jpg

今回のパーティ。次は小蓮花山を目指します。ガイヤウォーカーの半藤ガイドは、
8/20(土)のテレビ東京19時からの土曜スペシャル「目指せ源流!」で昭栄さん、
山本耕史さんをガイドしたそうです。ちょっとテレビにも映るかも、とのこと
IMG_3223_convert_20110815212722.jpg
2011.08.15 / Top↑
福島県檜枝岐村へ、旅行に行ってきました。

福島県は深刻な風評被害にさらされています。
悪気など無くても、(逆に思いやりから)
福島県に観光旅行に行くことを躊躇する方も多いと思います。

今回、私が友人と一緒に訪れたのは、
福島県の檜枝岐(ひのえまた)村です。
福島県の内陸部、群馬県の尾瀬沼の北側に位置する小さな村で、
冬ならばスキー、スノボー、スノーシューなどの雪遊びが、
大変良い雪質のなかで楽しめるところです。
今回は、山登り、温泉、そして宿泊先の、
民宿松源(しょうげん)さんの「薬膳風 山人料理」が目当ての旅です。

まず、東北自動車道はどうなのか。
ところどころ、新しくアスファルトが敷かれていますが、
問題なく走行できました。土曜日の朝に出発しましたが、
かなりの交通量。多くの人が東北を目指していました。

檜枝岐村に入り、山登りの前に民宿松源さんに寄ると、
すでに先客がおつきになっている模様。
私たちが宿泊した日は満室。夏も予約がかなり入っているようです。
界隈は民宿がたくさんあります。
詳しくは、尾瀬檜枝岐観光案内所のホームページをご覧ください。

旅行の模様は写真でお知らせしますが、
檜枝岐村は観光客を待っています。
ぜひ、この夏の旅行プランとしてご検討ください。

「道の駅たじま」は土地の物産品を買うポイント。行者にんにくのしょうゆ漬け、
舞茸炊き込みご飯のモト、はっとう、じゅうねん味噌などを購入しました。
IMG_3157_convert_20110607001003.jpg

まる屋」さんの裁ち蕎麦でお昼。裁ち蕎麦は十割蕎麦で、切れやすいので
布を裁つように蕎麦を切るので裁ち蕎麦というのだそうです。
IMG_3158_convert_20110607001033.jpg

帝釈山の登山口。
IMG_3168_convert_20110607001228.jpg

オサバグサが見頃でした。
IMG_3165_convert_20110607001204.jpg

帝釈山山頂。ガスってきました。
IMG_3161_convert_20110607001059.jpg

霧の晴れ間に会津駒ヶ岳が見えました。
IMG_3164_convert_20110607001125.jpg

民宿松源さんの夕食。これが楽しみで楽しみで。
IMG_3170_convert_20110607001252.jpg

こんなメニューです。
IMG_3171_convert_20110607001314.jpg

翌朝は尾瀬へ。三条の滝を目指します。
IMG_3172_convert_20110607001342.jpg

水芭蕉の群生。
IMG_3173_convert_20110607001405.jpg

北国に春を告げるコブシの花。
IMG_3183_convert_20110607001535.jpg

三条の滝。こんな水量の滝はスイス
の旅以来初です。水煙をあげて
滝壺に雪解け水が落下して行きます。
IMG_3180_convert_20110607001516.jpg


新緑に花を添える山ツツジ。
IMG_3176_convert_20110607001432.jpg

山岳ガイド、ガイヤウォーカーの半藤さん。グルメで温泉通。地質学にも詳しく、
安全な山行きだけでなく、山の成り立ち、沼の成り立ち、植生、などなど
道々、深い解説を得られるのもポイントの山岳ガイドさんです。
IMG_3178_convert_20110607001452.jpg


もちろん、温泉も楽しんで。
東北の幸を目一杯楽しんだ休日でした。
2011.06.07 / Top↑
久しぶりに山に登ってきました。
といってもハイキング、というコースです。

あいにくの雨で午後からは本降りの予報。
ガイドさんが最初に考えていたのは5時間のコースでしたが、
ケーブルカーで御岳山駅まで上がり、
武藏御嶽神社をまわって駒鳥山荘まで戻り、昼食を摂って
少し付近を散策して後は麓までまたケーブルカーで。
都合2時間半の山行となりました。

このパーティの、と格好良く切り出しましたが、
目標は「小蓮華山」です。NHK「坂の上の雲」の
エンディングで見た風景が忘れられなくなった女子二人が、
王子の居酒屋で、あの山に登ることを決心して、結成されました。
大げさな。

「小蓮華山」は簡単な山ではないので、そこへ向けて
足慣らしをして行かねばならないのですが、その第一弾が御岳山でした。

雨が降っても、奥多摩は楽しめる場所がいっぱい。
玉堂美術館へ寄り、さらに「澤乃井」で酒蔵見学をして、利き酒をして、
最後に温泉に入って帰ってきました。

もちろんマイナスイオンをたっぷり浴びて、リフレッシュしました。
奥多摩は東京都なんですよね。
こんなに自然が豊富で都心からもそう遠くない。
ここに住みたい!!と刹那的に思ってしまいました。
よいところ。いまは新緑が見事。ぜひお出かけを。

スイスの登山鉄道か!?と見まごう「御岳山ケーブルカー」
IMG_3147_convert_20110530002430.jpg


わがパーティ
IMG_3144_convert_20110530002351.jpg

見事な山ツツジ
IMG_3143_convert_20110530002331.jpg

シャクナゲも見事でした
IMG_3141_convert_20110530002242.jpg

住みたい!!と刹那的に思った茅葺きの古民家
IMG_3142_convert_20110530002307.jpg

お昼ご飯はグルメのガイドさんが腕をふるってくれました。
フランスパンにビーフペースト、あたたかなスープを添えて。
IMG_3146_convert_20110530002411.jpg

麓にも魅力一杯。新緑が美しい
IMG_3148_convert_20110530002448.jpg

「澤乃井」の蔵を見学。覚えたての
日本酒の知識をおさらいして、ご満悦
IMG_3155_convert_20110530002512.jpg

利き酒もできます。ここは屋外の「居酒屋さわのすけ(だったかな?)」
気持ちのよいスペースでお酒とおつまみを楽しめます
IMG_3156_convert_20110530002538.jpg


2011.05.30 / Top↑
紅葉を目当てに、高尾山へトレッキングに出かけてきました。

稲荷山コース(約3時間半)
京王線「高尾山口」駅→稲荷山→高尾山(599m)
→小仏峠(548m)→小仏(290m)→バスでJR「高尾」駅へ

9時半の京王線「高尾山口」駅は、あふれんばかりの人。
見晴らしの良い場所も、人があふれ立錐の余地無し。

だとしても、やはり山はよいです。
3時間半の山行は傷めている膝にこたえましたが、
やはり、歩いてよかった、と思える時間でした。

IMG_2977_convert_20101115193442.jpg
あふれんばかりの人。ですが、それだけ魅力的な山だということでしょう。

IMG_2982_convert_20101115193507.jpg
見晴らしがよいのも、高尾山のよいところ。冠雪した富士が遠くに見えました。
写真中央より、やや右に佇むのが霊峰・富士山。

IMG_2985_convert_20101115193536.jpg
見事な紅葉。一雨きた後の方が、もっと美しいかと思います。
2010.11.15 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。