広告制作会社ブレインカフェの代表・木下のぞみが、日々思うことを綴ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
六月大歌舞伎。観てきました。

メディアでは、歌舞伎役者になった香川照之を
大きく報道していますが、それも注目だけど、
亀治郎が猿之助を襲名する、というのが凄いこと。
そして個人的には、子ギツネかわいや、
大好きな義経千本桜で「川連法眼館の場」を観られること。
これはもう万難排して行くべし、と思ったのですが、
いやはやチケット取るの苦労しました。

来月も猿翁の姿が見たくて行きたいけど、無理かなぁ。。

新・猿之助の小ギツネ。よかったです。
若手だと海老蔵、右近で観ましたが、
新・猿之助の小ギツネは、動物の仕草が
「そうそう、あんな感じ」と共感できたし、
宙乗りで嬉々として去って行く様も、かわいくて
ずっと笑顔で見送ってしまいました。

小栗栖の長兵衛の中車(香川さん)も、もちろん良かったです。
この方は何をやっても上手いですね。
個人的には型の連続、錦絵の連続が歌舞伎の真骨頂、
と思っているので、次回はそちらのかっこ良さ、
美しさで魅了されたいな、と思いました。

それにしても、贅沢な顔合わせ、演目でした。

一、小栗栖の長兵衛(おぐるすのちょうべえ)

長兵衛 / 中車
馬士弥太八 / 右 近
妹おいね / 笑三郎
堀尾茂助 / 月乃助
猟人伝蔵 / 弘太郎
父長九郎 / 寿 猿
巫女小鈴 / 春 猿
僧法善 / 猿 弥
七之助 / 門之助

二、口上

猿之助改め猿 翁
亀治郎改め猿之助
中 車
初舞台團子


三、三代猿之助 四十八撰の内 義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
  川連法眼館の場
  市川猿之助宙乗り狐六法相勤め申し候

佐藤忠信・忠信実は源九郎狐 / 亀治郎改め猿之助
駿河次郎 / 門之助
亀井六郎 / 右 近
飛鳥 / 竹三郎
川連法眼 / 段四郎
静御前 / 秀太郎
源義経 / 藤十郎
スポンサーサイト
2012.06.19 / Top↑
ちょっと前の話ですが、
久しぶりに歌舞伎へ行きました。

2月からなんだか忙しく、それでも
それなりに休日も活動していたのですが、
ブログに記録することがままならず、
5月目前になりやっと時間ができたという状況です。

さて、観たのは「仮名手本忠臣蔵」。
通し狂言にひかれて、なんと昼夜ぶっ通しで観ました。
ああ贅沢。だけど歌舞伎は観ているだけなのに、
どうしてあんなに疲れるんでしょうね。

清新な顔合わせ、で若手が大きな役に挑戦していました。
ベテランには無い爽やかさ。。。
でも「重さ」はやはりベテランがいないと生まれませんね。
人生経験が「重さ」をつくるのでしょうか。
不思議なものです。

六月、七月は市川猿翁、市川猿之助、市川中車、市川団子が揃います。
見逃せない舞台となりそうです。

四月花形歌舞伎
通し狂言 仮名手本忠臣蔵

昼の部

大 序 鶴ヶ岡社頭兜改めの場
三段目 足利館門前進物の場
    同 松の間刃傷の場
四段目 扇ヶ谷塩冶判官切腹の場
    同 表門城明渡しの場
浄瑠璃 道行旅路の花聟
【大序・三段目】
高師直 / 松 緑
桃井若狭之助 / 獅 童
顔世御前 / 松 也
足利直義 / 亀 寿
塩冶判官 / 菊之助
【四段目】
塩冶判官 / 菊之助
石堂右馬之丞 / 亀三郎
薬師寺次郎左衛門 / 亀 鶴
顔世御前 / 松 也
大星力弥 / 右 近
原郷右衛門 / 薪 車
斧九太夫 / 錦 吾
大星由良之助 / 染五郎
【道行】
腰元おかる / 福 助
鷺坂伴内 / 猿 弥
早野勘平 / 亀治郎

夜の部
五段目  山崎街道鉄砲渡しの場
     同 二つ玉の場
六段目  与市兵衛内勘平腹切の場
七段目  祇園一力茶屋の場
十一段目 高家表門討入りの場
     同 奥庭泉水の場
     同 炭部屋本懐の場
【五・六段目】
早野勘平 / 亀治郎
斧定九郎 / 獅 童
不破数右衛門 / 亀三郎
千崎弥五郎 / 亀 寿
百姓与市兵衛 / 寿 猿
判人源六 / 薪 車
一文字屋お才 / 亀 鶴
母おかや / 竹三郎
女房おかる / 福 助
【七段目】
大星由良之助 / 染五郎
寺岡平右衛門 / 松 緑
千崎弥五郎 / 亀 寿
竹森喜多八 / 萬太郎
矢間重太郎 / 巳之助
大星力弥 / 児太郎
仲居おつる / 歌 江
鷺坂伴内 / 猿 弥
斧九太夫 / 錦 吾
遊女おかる / 福 助
【十一段目】
大星由良之助 / 染五郎
大星力弥 / 児太郎
小汐田又之丞 / 廣太郎
木村岡右衛門 / 廣 松
大鷲文吾 / 宗之助
竹森喜多八 / 萬太郎
小林平八郎 / 亀 鶴
2012.04.30 / Top↑
第九回亀治郎の会 夜の部
2011年8月20日
国立劇場大劇場

「芦屋道満大内鑑~葛の葉~」(あしやどうまんおおうちかがみ~くずのは~)
「博奕十王」(ばくちじゅうおう)
 市川猿之助 作 長唄囃子連中
 十四世 杵屋六左衛門 作曲
 十五世 杵屋六左衛門 作曲監修

亀治郎ファンクラブに入会している先輩に誘われて、
「第九回亀治郎の会」へ行ってきました。
出かける前に演目をチェックせずに行ったのですが、
かなり楽しめる内容でした。


「芦屋道満大内鑑~葛の葉~」は、早変わりが眼目かと思いきや、
狐が化けた「葛の葉」が、愛しい夫と幼子を残して去るときに、
「恋しくば尋ね来て見よ和泉なる信太の森の恨み葛の葉」という
和歌を障子に書き残すシーンが見所。実際に亀治郎扮する葛の葉が、
まず右手で次ぎに左手、最後は口に筆をくわえて、すらすらと
筆をすべらせます。見事でした。
ちなみのこの幼子が、後の安倍晴明なのだそうです。

次の「博奕十王」は亀治郎の叔父である市川猿之助の作。
実に40年ぶりに上演されたのだそうです。
舞台は冥土、六道の辻。閻魔大王に博打打ちが、
「博打というもの」を教えるうちに閻魔さまがはまってしまう。
最後は極楽への手形を巻き上げて意気揚々と極楽へ旅立って行く、
という他愛も無い話なのですが、これが面白い。
長唄囃子連中も後見も、亡者の印、あの三角の布を額にいただき、
閻魔さまを守る鬼の衣装には舌を抜く道具、やっとこが描かれ。。。
細かな部分にまで楽しませよう、という工夫があって、
とても気に入りました。サイコロや花札が描かれた博打打ちの衣装は、
猿之助の衣装の花札の部分(刺繍)を切り取って、縫い付けたそう。

それにしても亀治郎さんは、最近TVに舞台に精力的に活動されています。
公演後のトークショーでご本人も語っていましたが、
別に大きな借金があるわけでなく、仕事が楽しいのだそうです。
身体が丈夫で、ハードスケジュールも苦にならない、
というのもよく働く理由のひとつのようです。

ご自身のファンクラブの会員で被災地に住む方は、
安否の確認をされたそうですが、お一人だけ避難所生活なのか、
連絡がとれていないとも。今回の公演は被災地の方は、
ご招待されたのだそうです。忙しくても、ファンに対して、
十分な心配りをしている点も、大変好感を持ちました。

第十回でこの会は終わりになるとのこと。
来年が見納めです。

2011.08.21 / Top↑
渋谷・コクーン 歌舞伎第十二弾
盟三五大切 (かみかけてさんごたいせつ)

串田和美 演出・美術

薩摩源五兵衛実ハ不破数右衛門 / 中村 橋之助             
芸者妲妃の小万実ハ神谷召使お六 / 尾上 菊之助          
船頭笹野屋三五郎実ハ徳右衛門倅千太郎 / 中村 勘太郎                        
芸者菊野 / 坂東 新悟                    
若党六七八右衛門 / 中村 国生
徳右衛門同心了心 / 笹野 高史                    
船頭お先の伊之助 / 片岡 亀蔵   
富森助右衛門・家主くり廻しの弥助実ハ神谷下部土手平 / 坂東 彌十郎

コクーンでの「盟三五大切」の上演が、
平成10年以来というのだから、
あの日から13年が経過したことになる。

衝撃的だったのは、「第四場 五人切り」の演出。
主人公の源五兵衛(実は不破数右衛門)が、執拗に
人を殺す一軒家の惨劇の場。月夜の晩で、
青い月の光が照らし出す一軒家が回り舞台の上で回転する。
観客は映画の長回しを見ている感覚で、(いや、青い月の視点でかな)
惨劇の目撃者となる。これは凄かった。

あの演出をもう一度、観たくって出かけて行ったというのが本音。

この「盟三五大切」は、鶴屋南北作のどろどろしたお話です。
忠臣蔵外伝であり、源五兵衛(実は不破数右衛門)は、
塩冶浪士(赤穂浪士)という設定です。なんとか、武士として討ち入りに
参加して「義士」となりたいけれども、塩冶家が断絶になる前に
ある事情で懲戒免職になり浪人となっている不破数右衛門。
懲戒免職を解いてもらい「義士」となるためにと、叔父が
百両の大金を用意してくれたのだが、惚れた芸者小万(実は神谷召使お六)と、
その夫、三五郎(実は徳右衛門倅千太郎)にだまし取られてしまう。

五人を殺戮し、女子供を猟奇的に殺す、その動機は、
1.惚れた女に騙された怒り
2.義士となれなかった怒り
の二つと考えるのが妥当だと思う。

しかし、今回の演出。
芸者小万に対する愛情の深さは感じられず、
「義士」になることを切望している様子も感じられなかった。

相変わらず、「第四場 五人切り」の場の演出は静と動の対比が効いていて、
回り舞台で視点が移動するのを巧みに活かした役者の動きで、
ほーっとため息をつくものだったけど、ここまで執拗に人を殺す
動機がどうも腑に落ちない。。。
芸者小万と赤子を猟奇的に殺すシーンは、歌舞伎座でも正視できないのだけど、
今回も途中から目を伏せてしのぎ、顔をあげたら、リアルなリアルな血しぶきが、
橋之助の顔を染めている。。。

歌舞伎は荒唐無稽がベースにあって、錦絵の連続のような演出がお決まり。
でも、その中で観客は主人公の気持ちを類推していくので、
案外と共感して泣いたりするものなのです。
リアルな演出でなくても、観客の心は動かせるものと思います。
とするとこの演出、やり過ぎかなぁ。そこを追求すると、観客の想像力で膨らむ余地がなくなる。
というのもあるし、源五兵衛の心理描写をやるのなら、そこに注力しないと、
共感は得られないのではないかとも思う。
悲劇と喜劇が交差する筋書きだと短い時間では、表現できないのじゃないかな。

かなり???がついたので、帰りにパンフレットを購入してみました。

実は最後の源五兵衛の回想シーンで、全身に鳥肌が立って、
串田さんが今回テーマにしたことが分かりかけた気がしたのですが、
おそらくパンフレットを読む限り、そういうことなのだと思う。

舞台の最初から最後まで、印象派の風景画のような
一枚の幕(照明の当て方で向こうが透けたり見えなくなったりする)が、かかっている。
源五兵衛は夢の中を生きているのか、現実の中を生きているのか、
自分でも判然としない。「義士」となることも、「芸者小万」を
うけ出して夫婦になることも、自分が望んでいることではない。
けど、周りの価値観が自分の人生を動かして行く。。
そういう源五兵衛の性格異常(これは現代に多発する心の病かも?)に、
光を当てたのだろう、というのが私の結論。
でも、万人に共感されるテーマではないよなぁ。。

うーん。
本能ではぞくぞくっと何かを感じているのだけれども、
ロジックでは釈然としない感じが残っています。

とはいえ、鳥肌は立つし、客席に雨が降ったり、
(着物を着ていったので、配られたポンチョをマッハで被りました)
コクーンならではのわくわく体験もあり。
何よりも13年ぶりの上演ですから、観といた方がいい、
というのが結論ではありますね。

しかし、毎度思うのは、
あのね、浅野内匠頭さん。
あなたが、かーっとなっちゃったところから、
たくさんの悲劇が生まれたのよ、と。
カチンときても、3つ数えろ。
それでも怒りが収まらなかったら、
覚悟決めて刃傷に及ぼう。。

リーダーは、我慢しなくっちゃ。
2011.06.14 / Top↑
猿之助四十八撰の内
於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)
お染の七役

市川 亀治郎 / お染 / 久松 / 竹川 / 小糸 / 土手のお六 / 貞昌 / お光
市川 染五郎 / 鬼門の喜兵衛
坂東 亀三郎 / 髪結亀吉
中村 亀 鶴 / 船頭長吉
澤村 宗之助 / 油屋多三郎
市川 笑 也 / 女猿廻しお作
市川 門之助 / 庵崎久作
坂東 秀 調 / 油屋太郎七
大谷 友右衛門 / 山家屋清兵衛

亀治郎さんは、大河ドラマに出る直前、
歌舞伎座で偶然隣り合った女性に「すごく才能のある方なんです」と
教えられてから注目するようになりました。
武田信玄のイメージが強い人も多いようですが、
利発な武家の娘、年増を演じても、
「よく捉えているなぁ」と関心するほどお上手です。

早替わりも見所でしたが、
さまざまな年齢、身分の女性をどう演じ分けるかも、
見所の演目でした。

猿之助さんの芸を誰が継いで行くのか。。
義経千本桜に海老蔵さんが挑んだとき、ああ、
それもありだな、と思いましたが、
今日は「おもだかや」のDNAみたいなものを感じました。

まだお若く、柔らかさは、
これからどんどん出てくるのでしょうが。
いい役者さんで、これからが楽しみです。
2011.02.13 / Top↑
吉例顔見世大歌舞伎
昼の部
通し狂言
天衣紛上野初花(くもにまごううえののはつはな)
河内山と直侍

河竹黙阿弥 作
宇野信夫 補綴

河内山宗俊 : 幸四郎
片岡直次郎 : 菊五郎
三千歳 : 時蔵

河内山宗俊(こうちやまそうしゅん)の名台詞、
「ばーかめー」でお馴染み、河竹黙阿弥作の「河内山と直侍」。
通し狂言でかかると聞いて行ってきました。

数寄屋坊主の河内山は、悪い奴。
悪いけれども小気味いい。
権力者を悪知恵で負かし、衆目の中、
「ししゃりでて 土手に手をつく 蛙かな」
「ばーかめー」と悪態をつく。
厳格な身分制度の中、権力者にたてつけなかった江戸っ子の、
この悪態を聞いた時の痛快な心持ちたるや、想像に難くない。

。。。そして、現代も同じこと。
新橋演舞場は、いつもよりも50代以上の男性客が多い。
みんな、誰かに「ばーかめー」と言いたいのでしょう。。。
男性客が多いのは、「元禄忠臣蔵」がかかる時と同じ現象です。
ただ、「元禄忠臣蔵」は数人のお仲間で観劇するパターンが多い気がします。


さて、「ばーかめー」の聞ける幕は観たことがありましたが、
初めて観た「四幕目 大口屋寮の場」がなかなかよい。

河内山と組む御家人崩れのいい男、片岡直次郎は、
花魁・三千歳(みちとせ)の間夫(まぶ)。
惚れ合う二人は二世(今世と来世)での契りを誓う仲。
いわゆる、生まれ変わっても一緒になろうねっ、という約束ですね。。
しかし、悪行が露呈して追われる身になる直次郎。
体調を崩して遊郭・大口屋の寮で療養する三千歳に別れを告げにくる。

別れるというなら、殺して逃げてくれ。
懇願する三千歳。確かにこんな別れ方は生き地獄。
甲州街道は山が険しく、女は連れて逃げられない、と直次郎。
登山の心得があれば、ついて行けるのに。。。まぁ花魁だから無理。
しかし、いろいろあって、結局、二人で逃げようとなった時に、
ああ残念、追っ手が踏み込んでくる。
逃げる直次郎、捉えられ泣き叫ぶ三千歳。

「直さん!!」
振り向かず直次郎が返す言葉、
「この世では、もう会えないぜ」

カッコいい。とてもとてもカッコいい。

河内山の名台詞だけでなく、
直次郎と三千歳の大恋愛模様も楽しめることを発見したのが収穫でした。
河竹黙阿弥って、本当にエンターテイナーですね。

幸四郎は河内山がはまり役。
菊五郎の直次郎も、抜群にカッコいい。

11月25日、千穐楽です。




2010.11.23 / Top↑
今朝は8台の重機が総出で、解体作業に当たっていました。

解体、というよりも瓦礫をまとめる作業の方が比重が高いかもしれません。

ブレインカフェでは、住宅系の広告制作が多いのですが、
欧米諸国に比べるところの我が国の住宅寿命の短さを問題にする際に、
スクラップ&ビルドによって産出する、住宅廃材の環境負荷について言及します。

いつも書いていることではあるものの、
目の前で廃材の量を確認する機会はあまりなく、
今朝の光景は妙に納得感が湧いてくるものでした。

あの廃材は、どうなってゆくのでしょうか。
再生されるとよいな、と思います。。。

IMG_2935_convert_20100921193716.jpg
廃材も生まれ変わることを願います
2010.09.21 / Top↑
今日は期初。
ブレインカフェ、第22期がいよいよ始まると勢い込んでたら、
窓の外がやけに騒がしい。

歌舞伎座の解体はどこまで進んだのかしら、と久しぶりに窓を開けたら、
こんなシュールな光景が広がっていました。

ああ、あの扉から出入りしていたな。。。。

新しい扉が備わり、新しい扉が開かれて、新しい時代が始まる。

と、験を担ぎたがる社長としては、こじつけて、期初を
新たな思いでスタートさせることにいたします。

DSCF2216_convert_20100901102034.jpg
新しい時代の扉が開く。。。。
2010.09.01 / Top↑
八月花形歌舞伎
第三部
四世 鶴屋南北 作
通し狂言 東海道四谷怪談

お岩
小仏小平
佐藤与茂七 : 勘太郎
直助権平 : 獅童
お袖 : 七之助
お梅 : 新悟
茶家女房おまつ : 歌江
舞台番 : 猿弥
宅悦 : 市蔵
伊藤喜兵衛 : 家橘
民谷伊右衛門 : 海老蔵

この演目自体はもう3,4回観ているのですが、
どうにも人間関係が複雑で理解できなかったのですが、
今回ようやく理解することができました。
へーえ、忠臣蔵の話も混じっているんだ。。。と、今更ですが、
設定も理解できました。

それにしても、民谷伊右衛門は悪い男。
お岩は、とんだ災難。

だけど飛切りいい男の民谷伊右衛門は、“悪の華”。
海老蔵は、はまり役だろうな、と思ってみましたが実際そうでした。

主に見せ場をつくるのは、
お岩、小仏小平、佐藤与茂七を早変わりで演じた勘太郎。
早変わりの見事さもそうですが、「髪梳き」の心理描写も巧みでした。

2010.08.22 / Top↑
ブレインカフェは、歌舞伎座の真裏にあります。

周辺に高い建物がないので、写真の通り、
窓を開けると歌舞伎座の裏側を眺められます。

歌舞伎座の解体はずっと前から始まっていたのですが、今日は音が違う。
窓を開けたら躯体の取り壊しが始まっていました。

舞い上がる埃を放水で抑えながら、
先が鋏状になった2台の重機が壁を切りながら取り崩していく。

歌舞伎ファンとしては、もの悲しい風景です。

30年前、雑誌「太陽」の尾上菊五郎特集を高校の図書館で借りて歌舞伎に憧れ、
28年前、大学入学にあたって上京し、初めて外から見た歌舞伎座。
23年前、初めて歌舞伎を見てから、ますます好きになり。
気がついたら8年前に会社の住所は銀座4丁目。
銀座4丁目で3回移転していますが、すべて歌舞伎座の裏という位置関係。
今年の仕事始めは社員全員で、歌舞伎を見に行ったし。。。

と、ついつい感傷的になってしまいます。
ただ確かに老朽化していたし、体格のよくなった日本人には窮屈な座席、
エスカレーターのない地下鉄「東銀座」駅の階段を苦労しながら上っていらした
おばあさま方。。。
こういう問題を新しい歌舞伎座は解決するようですので、完成は楽しみでもあります。


計画の中には、
「伝統文化の交流拠点『(仮称)国際文化交流センター』」というものが入っています。
真裏でニッポンのワザドットコムを運営するブレインカフェとしては、
歌舞伎座さんで何が始まるのか、興味津々です。

2013年春、完成だそうです。

DSCF2126_convert_20100804114749.jpg
窓を開けると、歌舞伎座の裏側が見えます。

DSCF2125_convert_20100804114848.jpg
2台の重機が壁を切り崩していきます。

DSCF2129_convert_20100804114822.jpg
2013年の春、再会しましょう。。。

2010.08.04 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。